ナイトーン

消音ピアノにもナイトーンが付けれるんです!☆VOITECH ヴォイテック・ブログより♪

静岡・愛知県でナイトーン製作支部となっている「VOITECH ヴォイテック」さんですが、
独自のブログを展開していて、ナイトーンに関する記事がとても良い内容ですので、
ナイトーン東京本部のブログの方へも、順次転載してご紹介をさせていただきます♪

静岡・愛知方面のお客様でしたら、「VOITECH ヴォイテック」さんの方へ
ご連絡いただければと思います☆

VOITECH ヴォイテック:0120-13-86-39  http://www.voitech.co.jp

<消音ピアノにもナイトーンが付けれるんです!>
こちらはカワイの消音ピアノにナイトーンを取り付けしました。

消音ピアノの場合、消音状態にするには真ん中のペダルを使って

その切り替えをします。

その為、通常のピアノの真ん中のペダルの弱音装置に使用する

バーそのものが付いていません。

しかし、ナイトーンを取り付ける場合は、ドイツ製の弱音装置を

まず取り付け、そこにナイトーンのフェルト本体を作成していきます。

そういったことが出来るので、サイレントピアノでも2本ペダルの

ピアノでもナイトーンを取り付けることが可能です。

サイレント(消音)ピアノを買ったけど、どうもヘッドフォンから

聞こえる音が気に入らないとか、サイレント状態にした時の

コトコト鳴る打鍵音が気になるといった方のピアノにもナイトーンの

取り付けが出来るということです。

サイレントピアノや2本ペダルのピアノにナイトーンを取り付けた

場合の切り替えスイッチといいますか、切り替えはこちらの

棚板に取り付けたバーを押し込んだり引いたりすることによって

することが出来ます。

このサイレントピアノの場合、通常の音量で弾くことと、消音で

弾くことと、ナイトーンで弾くことの3パターンを選べるという

ことになります。

使用状況、使用目的によって3パターン使い分けれるというのは、

なんとも贅沢な仕様になっています。

基本、どの様なピアノにもナイトーンを取り付けることが可能です。

シーンに合わせた使い分けが出来るのがいいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nightone.net/voitech_3/trackback/

PAGE TOP