ナイトーン

軽井沢までナイトーンGP下見へ☆ナイトーンGPライトS「製作記録:ERARD モデル0」

先月ですが、ナイトーンGP製作の下見ということで、軽井沢まで行って来ました!

 

軽井沢に別荘をお持ちのお客様からのご依頼で、1907年製のエラールのグランド

ピアノにナイトーンGPの製作をご希望とのことです♪

 

北軽井沢にあるピアノバルロン・ジャパンさんに現物があるということで行って来た

のですが、前々日に大雪が降っていて、ニュースも見ていなかったので4月の爽やかな

軽井沢の気分で向かったのですが、ピアノバルロン・ジャパンさんに到着する直前の

あと300メートルくらいというところで、車がスタックしてしまって、皆さんが駆けつけて

くださって、脱出するというアクシデントもございました。。(本当にありがとうございます!)

 

ピアノバルロン・ジャパンの和田明子さんは、フランスで10年間ピアノの修復を学んで

来られたという、とても素敵な女性です☆

 

ピアノバルロン・ジャパンさんは、北軽井沢にあるのですが、とても雰囲気のあるロッジ風

のお家で、ピアノ工房とご主人の画廊が左右独立して建っていました!

 

拝見したエラールも、本当に素晴らしいピアノで、とても細かいところまで丁寧に修復を

されておられました♪

 

ですが、現物確認をしてみたところ、中音セクションの弦とフレームとの隙間が狭すぎて、

ナイトーンのレールが物理的に可動しないことが分かりましたので、とても残念でしたが、

エラールへのナイトーンGP製作は出来ないことが判明いたしました。

 

エラールのオーナーであるお客様へお伝えしたところ、エラールのグランドは、シンガポール

の自宅へ運ぶということでしたので、ナイトーンが付かないことが分かって、そのまま演奏を

するということでございました。

 

午後に入って、軽井沢大賀ホール前でお客様と待ち合わせをいたしました♪

 

また、軽井沢の別荘にあるプレイエルのグランドと、スタインウェイのアップライトにナイトーン

の製作を依頼されましたので、こちらも下見に行きましたが、こちらの方は特別な設計で製作

をすれば、装着可能ということがわかりましたので、お引き受けをさせていただきました♪

 

すごいピアノを、3台もお持ちなんです!!!

 

別荘のピアノの下見の後には、軽井沢・万平ホテルにて、ご一緒に夕食をいただきました。

 

実際の製作は10月になりますので、今度は爽やかな秋風の軽井沢を期待しています☆

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://nightone.net/%e8%bb%bd%e4%ba%95%e6%b2%a2%e3%81%be%e3%81%a7%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%b3%ef%bd%87%ef%bd%90%e4%b8%8b%e8%a6%8b%e3%81%b8%e2%98%86%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%b3%ef%bd%87/trackback/

PAGE TOP