ナイトーン

ピアノを演奏するにあたって防音室を設置するための価格

十分な防音効果を誇るピアノの防音室を作るための価格は、約200万~300万円くらいが相場だと言われております。
もちろん、規模や素材、状態などによって変動がありますので、すべての防音室がこの金額で収まるということではございません。
防音効果のしっかりした、プライベート用のピアノレッスンルームは、そこにあるだけでいつでも気兼ねなくピアノを弾けるという、ピアノ愛好家の方や音楽学校や音大でピアノを専攻されている方にとっては、とても心強い存在です。
しかし、それを手に入れるに至るまでの価格というのは、決して安いものではございません。

そもそも、ピアノは買えばそのまま弾けるというものではございません。
厳密に言えば、設置されたその日から弾くこと自体は可能でしょう。
しかし、ご自宅で弾くという場合は、周囲にお住まいの方々への十分な配慮を行う必要がございます。
たとえば、ピアノ教室に通うお子様のためにピアノを買ったけれど、その音のせいでご近所の方々との関係がギクシャクしてしまったというお話も、決して珍しいことではないのです。

「コンクールが近いから少しでも練習したい」といったような、余程の事情がないかぎり、ピアノを夜中まで弾かれるということはないでしょう。
しかし、たとえ時間帯が日中であっても、ピアノの音というのは馴染みのない方には受け入れがたい騒音になってしまうという恐れがございます。
一時期メディアを騒がせていたこともあるように、楽器の騒音トラブルというのは決して甘く見てはいけないのです。
たとえば、ご自身がご自宅でピアノを弾いた際に発せられた音が原因で、お相手の方がお体や心の不調を訴え、病院などに通院されたりすると、場合によっては訴えを起こされてしまうというケースも存在しています。
たかが楽器の音でそこまで・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それはあくまでもご自身がその音に慣れているからであるというのは常に念頭においておかれることが大切です。

冒頭でも記載しました通り、ピアノの防音室を作る価格は決して安くはありません。
しかも、苦労して建てた防音室が費用に見合わない防音効果しか得られなかったということも十分にありえます。
あるいは、お住まいの都合上防音室を後付けすることができなかったりというお話もございます。

防音室よりも確実に手頃な価格で、かつどのようなお住まいに居住されていても、効果を得ることのできる防音対策。
それこそがアナログピアノ用超弱音システム『ナイトーン』です。
対策をピアノにそのまま施しますので、居室内の増改築の必要もありませんし、数値の上でも人の話し声と同等ほどという高い超弱音効果が実証されております。
ナイトーンの設置をご検討の際は、お気軽にご相談くださいませ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://nightone.net/archives/column/%e3%83%94%e3%82%a2%e3%83%8e%e3%82%92%e6%bc%94%e5%a5%8f%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%ab%e3%81%82%e3%81%9f%e3%81%a3%e3%81%a6%e9%98%b2%e9%9f%b3%e5%ae%a4%e3%82%92%e8%a8%ad%e7%bd%ae%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f/trackback

PAGE TOP