• イメージ画像
  • イメージ画像

ナイトーンとは

ピアノ用アナログ式超弱音システムの総称です。
ナイトーンには、アップライト版とグランド版があります。

昼間しか弾くことのできなかったピアノを、
夜でも美しいアコースティックピアノの音色のまま快適に弾くことが可能になります。

専門家の感想

「小さな音。でも、音の減衰は明らかに今までのピアノのまま。低音の力強いフォルテの響きが、そのまま波形を変えず、音量だけが小さくなり、繊細なタッチをそのまま表現できる」。ナイトーンは、初めて試弾する人にこんな感動を与えます。

more

NighTONEの4つの特長

詳細ページへ

独立多層フェルトによる、高い弱音性(国際特許:1件出願)

従来のフェルトをハンマー一つ一つに対応するよう分離し、独立させることにより、
近接した音階の弦が発音して濁ることもなく、綺麗な純粋な和音を奏でることが可能となり、
更に多層構造にすることにより、ハンマーの衝撃を吸収し、高い弱音性を同時に実現しています。

タッチ可変システム(国際特許:1件出願)

多層構造のフェルトによりハンマーの衝撃を吸収する原理により、フェルトの厚み+αのレットオフ(接近/弦とハンマーの間隔)を遠ざけるために、独立多層フェルトのみの製作の場合には、
通常演奏時では若干のタッチの変化が伴いますが、タッチ可変ユニットを組込むことにより、
本来のピアノのタッチが100%変化なく保つことを可能にいたします。

ピアノを傷つけない設計

ナイトーンはピアノに不必要な穴を空けないピアノにやさしい設計です。大切なピアノを他の人に譲る時も安心です。アップライト版は、取り付ける独立多層フェルトは、既存の弱音レールの一枚型フェルトと取り替えるため、お客様のピアノ本体にビス・ネジなどを打ち込むことは一切ありません。大切なお客様のピアノに一切の傷を付けずに超弱音を可能にしています。

すべてオーダーメード

メーカー・機種が違えば、内部の設計・寸法はそれぞれ異なります。また例え同じモデルであっても、ハンマー間隔等は調整段階で微妙に変わります。そのため、独立多層フェルトの独立したフェルトの位置と幅は、その個別のハンマーの位置と角度を正確に割り出し、一つずつ確実に対応するように製作します。このため、「職人」の手作業が必要になります。

TOPICS

ナイトーンの特徴としてピアノに不必要な穴を開けないということがあります。既存の一枚型フェルトを独立多層フェルトに取り換えるため、ビスやネジなどを使用して穴を開けることはありません。
電子サイレントユニット取り付けの場合には、センサーやコード類などを固定するために、何十カ所かの穴あけ工事を行いますが、ナイトーンでは大切なピアノをそのままに製作を行うことができます。

ピアノの消音装置に完全なものはありません。音が物質を伝わるものである以上、自分に音が聞こえるということは他の物質が振動して音が別の場所にも伝わっているという可能性があります。住宅であれば床や壁から音が響いてしまう可能性もあるでしょう。ナイトーンはピアノそのものの音を日常会話レベルに抑えるための超弱音システムです。防音室を設置するよりも格段に費用を抑えて、夜でも快適にピアノ演奏を楽しむことができます。

ピアノの防音には、床、窓、壁と非常に広い範囲を複数箇所防音しなければなりません。ナイトーンはピアノそのものの音量を日常会話程度の音量に抑えることによって防音を行いますので、賃貸などで部屋そのものに防音をすることが難しいという状況でもご利用いただくことができます。

楽器というのは同じ楽器であってもメーカーや種類などによってタッチの特性が異なります。ピアノの防音手段として電子サイレントユニットを内部に設置した場合には、そのピアノ本来の タッチと大きくかけ離れてしまいます。 ナイトーンはタッチ可変ユニットを組み込むことによって、ピアノ本来のタッチが100%変化することのない演奏を可能にしました。

消音装置をピアノに導入したけれど、消音装置特有のカタカタ音が大きく発生して思ったように防音効果が得られなかったということもあるかもしれません。ナイトーンはそれぞれのピアノに合わせてオーダーメイドでフェルトを作製しています。消音装置のようなハンマーを強制ストップするという機構はございませんので、超弱音での快適なピアノ演奏をお楽しみいただくことができます。

騒音問題はご近所問題の代名詞です。そのマンションが楽器演奏OKであっても、近隣住民から苦情がくるということもあるでしょう。ナイトーンはピアノに独立多重層フェルトを取り付けることによって、通常の日常会話程度にまで減音することを可能にしました。

2020.6.5

ピアノに標準装備の弱音装置を利用すると、鍵盤のタッチに違和感が発生することもあります。
ナイトーンは独立したフェルトを取り付けることによって、タッチの違和感なく、またピアノに負担をかけることなく防音対策をすることができます。アコースティックの良さを残したまま、音量を下げることができるナイトーン。
ピアノの音にお悩みの際には是非ご利用ください。

2020.6.3

コンクールの練習などをするにあたって、できれば自宅でも本番のタッチに近い感触で練習したいというのは、ピアノを演奏する人ならだれもが思うことでしょう。電子ピアノなどの場合、ヘッドフォンなどを使って消音して練習をすることができますが、感触が変わってしまうことが問題です。
ナイトーンでは超弱音状態でもナチュラルなタッチで演奏していただくことができます。

2020.6.1

ピアノを練習するときには、その音がご近所に迷惑を掛けないかどうか心配になることもあります。しかし、本格的にピアノを練習することを考えるとヘッドフォンなどではちょっと……、ということもあるでしょう。
ナイトーンはピアノ内部を傷つけることなく減音可能なアコースティック超弱音システムです。スイッチひとつで超弱音状態に切り替えることができます。
防音室の設置が難しいという場合にはナイトーンのご利用をご検討ください。

2020.5.29

コンクールの練習などをするにあたって、できれば自宅でも本番のタッチに近い感触で練習したいというのは、ピアノを演奏する人ならだれもが思うことでしょう。電子ピアノなどの場合、ヘッドフォンなどを使って消音して練習をすることができますが、感触が変わってしまうことが問題です。
ナイトーンでは超弱音状態でもナチュラルなタッチで演奏していただくことができます。

2020.5.22

自宅でピアノの演奏をするには部屋を防音室にするかピアノそのものの音を小さくする必要があります。しかし防音室の場合、部屋のレイアウトや費用の問題があります。
ナイトーンはピアノそのものの音をきれいに小さくできるシステムです。またピアノのタッチを変えることなく、そのピアノ本来のタッチで弾くことが可能です。

2020.5.20

アコースティックピアノは弦で音を出すため共鳴や倍音など電子楽器にはない音の豊かさがあります。集合住宅などに住んでいるとアコースティックピアノの演奏は騒音などの面から難しいと考える方が多いでしょう。
ナイトーンはそうした悩みを解決することができる超弱音装置です。ピアノに穴を開けたりせず取り付けることができます。

2020.5.14

メーカー純正の弱音装置は一枚のフェルトで弦全体を圧迫するためタッチの違和感や音の濁りが発生してしまいます。
ナイトーンは1台1台のピアノのハンマーに合わせてフェルトを設計しているため、一音一音が濁ることなく、ピアノ内部を傷つけずに演奏することに成功しています。

2020.5.12

デジタル楽器とアコースティック楽器では同じ楽器であっても、その音の響き・演奏感ともに大きく違うものです。
ナイトーンはアコースティック楽器の感触を残しながらも夜間の演奏に足る超弱音機能を実現しましています。
超弱音用のスイッチ切り替えをするだけで、本物のピアノを夜でも心地よく演奏することができます。

2020.4.24

ナイトーンの特徴は、従来のフェルトを分離させて独立させることによって隣接した音階の弦の発音の際にも影響が少なく、今までの消音装置よりも高い弱音性を実現することに成功しました。
ピアノの内部はメーカーや機種によっても異なります。そのため独立したフェルトでの超弱音システムには職人の手作業による製作が必要となります。

2020.4.22

夜間の外出が自粛されている現在、近所への騒音というものは普段以上に気を付けなければいけません。
また、日中でもテレワークなどを用いて自宅で仕事をしている方がたくさんいるため、近所に迷惑を掛けたくないと、ピアノの練習をするのが難しいという悩みもあるかもしれません。
ナイトーンを利用すれば、生音のまま従来の消音器ペダルを利用したときよりも小さな音での演奏が可能です。

2020.4.10

アナログピアノには、『グランドピアノ』と『アップライトピアノ』の2種類があります。
これらは同じピアノでありながら、その構造や音の響き具合には大きな違いが存在します。
ナイトーンは、そのいずれにも対応できるようグランドピアノ版の『ナイトーンGP』とアップライトピアノ版の『ナイトーンUP』をご用意しておりますので、ご希望の際にはどちらのモデルをお持ちのお客様でも、お気軽にご相談下さい。

2020.4.8

アナログピアノを設置するとヘッドホンをつないで演奏することができるサイレント装置は防音対策のひとつとして知られています。
音が聞こえるのはヘッドホンの中だけですので防音対策としては非常に効果的ですが、当然演奏中は終始ヘッドホンを耳に当てっぱなしにすることになるため耳が酷使されてしまいますし、何よりサイレント装置から流れる電子音は、ピアノ本来の音の魅力には程遠いものです。
ナイトーンは、ピアノ本来の音の魅力をキープしたまま音量だけを下げることができるシステムですので、ビギナーの方から上級者の方まで満足してご利用いただけます。

2020.3.26

ピアノのコンクールや発表会などに参加される方にとって、ピアノの弾きごたえ・タッチは無視できない大切なファクターです。
ご家庭で演奏するために防音対策を行ったことで、ピアノを弾いた時の感触が変わってしまい、満足のいく演奏ができなくなったというお話も少なくありません。
生ピアノ用の超弱音システム・ナイトーンは、ピアノごとに合わせた製作・設置を行いますので、優れた弱音効果がありながら、演奏した時の違和感が発生しないという大きなメリットがあります。

2020.3.24

昨今の様々な事情から、不要不急の外出を控えてご自宅で過ごされるという方が増加傾向にあります。
在宅されている方が増えるということは、ご近所間などで音に関するトラブルが増える可能性も十分に考えられるということです。
ご自宅にアナログピアノをお持ちで、効果的な防音対策をお考えの際は、ナイトーンの導入をご検討ください。
ピアノの音をその名の通り、夜でも気軽に演奏できるような音量にまで超弱音にすることができます。

2020.3.19

ピアノはコンサートホール、学校、ホテルのエントランスやバーなど、多種多様な用途から様々な場所に設置されることの多い楽器です。
当然その中には一般的なご家庭も含まれていますが、お住まいの状況によっては広い場所・大きな音を出して良い場所とは真逆の環境であることも当然考えられます。
ナイトーンは、そのような状況下においても納得の行くピアノ演奏をお楽しみいただける効果的な防音対策を図ることができる画期的な超弱音システムです。

2020.3.17

アナログピアノの魅力は、演奏する時のタッチの違いによって音が様々な表情を覗かせるところにあると言っても過言ではありません。
その一方で、演奏の時に発せられる大きな音は、夜間であったり集合住宅であったりと、時間や場所によっては忌避されるものでありました。
アナログピアノ用・超弱音システム『NighTONE(ナイトーン)』をご利用いただくことで、このような音の問題を解消し、夜間や集合住宅内でのピアノ演奏を支障なく行うことができるようになります。

2020.3.12

マンションやアパートのような、いわゆる集合住宅にお住まいでピアノを演奏される際には、防音対策が必須と言って良いでしょう。
これまでアナログピアノを使用されていた方も渋々電子ピアノに切り替えて防音対策を図られる、ということも少なくありません。
そんな時にご利用いただきたいのが、アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンです。
ナイトーンは、アナログピアノの音の持つ奥深い魅力を損ねることなく防音効果を得ることができます。

2020.3.10

ピアノの音に安らぎや癒やしを感じられる、という方は多いと思います。特にご自身でピアノ演奏をされるという方は、気分転換や心を落ち着けるためにピアノを弾くということも多いのではないでしょうか。
なかなか寝付けない夜に気持ちを落ち着けるためにピアノ演奏をしたいとお考えでしたら、ナイトーンの導入がおすすめです。
その名の通り夜でも気軽に、美しい音色で弾けるような超弱音効果が得られます。

2020.3.5

『音楽の父』とも呼ばれる大作曲家・バッハがその名を轟かせていたバロック音楽の時代は、鍵盤楽器の練習にはクラヴィコードが用いられるのが一般的でした。
クラヴィコードはピアノよりも音量が抑えられている、という特徴を持っています。
ナイトーンは、ピアノ本来の音の響きや深みを活かしながら、音の大きさだけをまるでクラヴィコードのような程良いレベルの音量に落とし、弱音対策を図ることが可能となります。

2020.3.3

ピアノの魅力のひとつは、演奏する音楽のジャンルを選ばず、どこに混ざっても持ち味を発揮できるところにあります。
そんな魅力を持つピアノですが、その音の大きさが原因で夜間や集合住宅では演奏しにくいというデメリットを兼ね備えてしまっています。
アナログピアノ用・超弱音システム『ナイトーン』を設置し、演奏音を抑えていつでもピアノ演奏が楽しめる環境を作ってみませんか?

2020.2.27

ピアノは、鍵盤を叩くことでハンマーがピアノの中に張られた弦を叩いて音が鳴るという仕組みになっています。
アップライトピアノには弱音用のマフラーフェルトが取り付けられていますが、これらは基本的に一枚型のため、ハンマーひとつで全体を押してしまうことで抵抗が発生し、モコモコしたタッチや、ピアニッシモが出なくなります。
ナイトーンの独立多層式フェルトは、フェルトがハンマーひとつひとつに対応するように作られているため、ナチュラルなタッチでの演奏をお楽しみいただけます。

2020.2.25

アコースティックピアノから発せられる音は、数値に表すと約80デシベルもの音になり、これは他の音に例えると走行中の電車内や近くで聞いた救急車のサイレンに匹敵し、人の声で例えてもかなり大きな音量の声になります。
ナイトーンを設置したアコースティックピアノは、発せられる音の数値が約60デシベル、ピアノ演奏表現の繊細な人であれば、約50デシベル位での音の大きさで演奏することができます。
夜間帯や賃貸物件のお部屋の中でも快適にピアノ演奏を楽しみたいとお考えの際には、ぜひご利用下さい。

2020.2.21

元々は生ピアノを好んで演奏されていたけれど、様々な理由から電子ピアノに乗り換えたという方も少なからずいらっしゃいます。
その理由のひとつに「夜間帯や、集合住宅の中という音の大きさの制限が求められる環境下で演奏する必要があった」というものがあります。
生ピアノ専用の超弱音システム・ナイトーンは、この音の問題を解消するお手伝いができます。
「生ピアノでの演奏を諦めたくない!」というピアニストの皆様、ぜひご利用下さい。

2020.2.19

ピアノから発せられる音は、楽器そのものの演奏音と、楽器を演奏する際の動作から起こる振動音に分かれます。
後者の音はシートやマットというような防振対策アイテムなどを用いることで低減させることができますが、問題はピアノそのものの演奏音でしょう。
ナイトーンはタッチや音感はそのままに、ピアノそのものの音を小さな小さな音にする防音対策です。
豊富な経験と知識を有する専門技術者が設置を致しますので、お気軽にご相談下さい。

2020.2.13

楽器店で、展示してある楽器の試し弾きをされたことのある方も多いと思います。 試し弾きをすることで、その楽器の性能や、音の感触を確かめ、購入する際の参考にすることができます。
ピアノ用アナログ式超弱音システム『ナイトーン』も、その効果を直に体験していただけるよう、試し弾きのご案内を行っております。
予約制でのご案内となりますので、ご希望の際にはお気軽にご相談下さい。

2020.2.11

今は大切に使っているピアノも、いつかは人様にお譲りすることがあるかもしれません。
そんな時、防音対策が元で穴が空いていたり不要なネジ・ビスなどが付いていると、スムーズな譲渡ができなくなってしまうということも考えられます。
ナイトーンは、そのようなネジ・ビスを用いたり、穴の開口のようなピアノ本体にキズをつけることなく製作を行うことが可能です。
大切なピアノの美観を守りながら施せる高性能の防音対策をぜひご利用下さい。

2020.2.7

楽器の演奏をいつでも気軽に楽しむための対策といえば防音室です。
ご自宅の中にレコーディングスタジオさながらの防音室を設置されている方もいらっしゃいます。
しかし、防音室というのは本格的なものになればなるほど設置の費用がかさ増しされるため、防音対策としての取り入れやすさとしては難しい面がございます。
生ピアノをご使用で、取り入れやすくかつ確実性の高い防音対策をお求めの際は、生ピアノ用の超弱音システム・ナイトーンをご利用下さい。

2020.2.5

ご存知のように今時分の時期の夜というものはひんやりと冷たく、そして長い時間があります。
ピアノ愛好家の方の中には、このようなしっとりとした雰囲気の夜にピアノを演奏したい、と思われる方もいらっしゃるでしょう。
長い夜に、周りに気兼ねなくピアノの演奏をお楽しみいただきたいとお考えでしたら、ナイトーンの導入をご検討下さい。独立多層式のフェルトが確実性の高い防音効果をもたらします。

2020.1.30

「ピアノの音」というと、ほとんどの方が美しく、繊細なものというイメージを思い浮かべられますが、楽曲や弾き方によっては激しく、豪快な表情を見せることもあり、それがピアノの最大の魅力と言えます。
そんな魅力とともに付いてくるウィークポイントのひとつが、その音の大きさの問題です。
アナログピアノ用・超弱音システム『ナイトーン』をピアノに取り付けることで、例えどんなに激しい楽曲を演奏しても、その音の大きさはしっかりと抑えられ、控えめな音量で演奏をお楽しみいただくことができます。

2020.1.28

カワイ、ヤマハ、ディアパソン、ペトロフ、ベヒシュタイン、スタンウェイ…ピアノは国内外、様々なブランドが製造・販売しており、弾きごたえやタッチ、音の鳴り響き方などはそれぞれに違いがあります。
アコースティックピアノ用・弱音システム・ナイトーンは、オーダーメイド方式による制作・設置を行っております。
オーダーメイドで製作することにより、先に挙げたどのメーカーのピアノであっても、それぞれに合わせた製作・設置が可能となっております。

2020.1.23

音を出すことに制限を求められる環境下でピアノを弾く際に利用されることが多い電子ピアノ、そして生ピアノに取り付けられるサイレント装置。
これらは音量の調節が簡単にできたり、ヘッドホンを取り付けて外に音が漏れないように演奏を楽しむことができるものです。
非常に便利な一方、生ピアノ本来の魅力である音の響きや深みを感じられない、電子化されたイミテーションの音を聴かざるを得なくなります。
ナイトーンでしたら、生ピアノの音を活かしたまま音の大きさだけを落とすことができ、夜間でも気兼ねなく自由にピアノの演奏をお楽しみいただけます。

2020.1.21

お子様に情操教育の一環でピアノを習わせている、という保護者の方も多いと思います。
一生懸命にピアノに取り組むお子様の姿は微笑ましい反面、その演奏の音が大きくなりすぎることで他のご家族の皆様の生活に支障が出てしまうという問題が発生しないとも限りません。
お使いのピアノにナイトーンを設置していただくことで、ピアノの音を抑えることができますので、例えばご夕食後にゆっくりとされている時にお子様がピアノを演奏してもそのおくつろぎを妨げることがございません。

2020.1.17

生ピアノの演奏を楽しみたいけれど、例えば今のお住まいが集合住宅の一室でご近所に気を配らなければならないとか、ピアノを弾けるのが夜間だけとか、様々な事情から満足に演奏を楽しめないという状況にいらっしゃる方は少なくありません。
超弱音システム・ナイトーンは、ひとたび設置するだけでピアノのボリュームを人の会話程度に落とし、住宅狭小地や集合住宅内、夜間帯の演奏が可能となります。
また、ナイトーンはボリュームを落としながらも生音そのものの魅力は活かしたままですので、より気持ちのこもった演奏がお楽しみいただけます。

2020.1.15

アナログピアノには、グランドピアノとアップライトピアノの2種類があります。
奥行きのある、どちらかといえば大型のグランドピアノと、背丈は高めですがコンパクトで狭小な居室内にも設置できるアップライトピアノは、それぞれの用途に合った場所で最大限の力を発揮します。
ナイトーンは、グランドピアノ用の『GPモデル』とアップライトピアノ用の『UPモデル』と、それぞれに対応した専用設計モデルのご用意がございますので、どちらのピアノをお持ちのお客様でもご利用いただくことができます。

2020.1.10

アナログピアノ用・超弱音システム『NighTONE(ナイトーン)』には様々な特徴がありますが、その中のひとつが、オーダーメードによる製作を行っているという点です。
これにより、定められたメーカーのピアノにしか取り付けることができない、あるいは特定メーカーのピアノには取り付けることができないというようなことは殆ど生じません。
熟練の職人が手作業で確実に製作をいたしますので、安心してお任せ下さい。

2020.1.8

ピアノの防音・弱音対策について考えるに当たって、特別な加工や対策を施していないピアノからどれくらいの大きさの音が発せられているかを知っておくのは非常に重要です。 本来、ピアノからは約80dbもの大きさの音が発せられており、これは他のものに例えると走行中の電車や地下鉄の車内に相当します。
そんなピアノにナイトーンを設置すると、その音は約60dbくらいまで落とすことができ、これらは静かな音で走行する乗用車や普通の会話程度の音になります。

2019.12.20

プロのミュージシャンがレコーディングする際に使用するスタジオやブース。
そのときの最大限の力を発揮して音楽を収録するためには、演奏時の音量も遠慮することなく鳴り響かせる必要があります。
そこで出た音をスタジオの外に漏らさぬよう、そこには徹底した防音施工が施されています。
さて、このような防音対策を一般のご家庭に持ち込むのは、とても難しいことです。
しかし、アナログピアノ用・超弱音システムのナイトーンを使用すれば、大掛かりな防音室がなくとも快適にピアノの音量が抑えられ、夜でも演奏をお楽しみいただけるようになります。

2019.12.18

ナイトーンは本来ピアノについている一枚型のフェルトをハンマーごとに独立化させ、かつ多層構造にすることによって打鍵の際の衝撃を吸収し、演奏音を人の話し声程に抑えることに成功しています。
一方この原理によって、若干ではありますがタッチの変化が生じてしまいますが、この問題を解消することができるのが、タッチ可変ユニットです。
このユニットを組み込むことで、ピアノのタッチに全く変化を及ぼすことなく、超弱音の効果を感じながら自然な演奏をお楽しみいただくことができます。

2019.12.12

生ピアノは、中古品など比較的安価で購入できるものもあれば、新品のものであればある程度高価なものまで、幅広く存在しています。
新品のピアノは、ただ演奏を楽しむためだけでなく、これからも子々孫々に渡って受け継いでいける家財道具として購入されることも少なくありません。
そんな大切な財産であるピアノに、穴を開けたりビス・ネジなどを取り付けることもなく設置することができる自然な形の防音対策が、超弱音システム・ナイトーンです。

2019.12.10

アナログピアノの防音対策のひとつとして知られる後付のサイレント装置。
音を電子信号化することにより、ヘッドホンを介して音を聴くようになるため、表向きには音の漏れない、精度の高い防音対策として捉えられています。
しかし、先に書いたとおりその音は電子音に切り替わってしまっているため、アナログピアノが本来持っている音の魅力は失われてしまっているということになります。
ピアノを演奏する方も、その音が聴こえる範囲の方も、どちらにとっても満足いただける、高い効力を得られる防音対策をお探しでしたら、アナログピアノの音を活かしたまま音量だけを超弱音とすることのできるナイトーンをご利用下さい。

2019.12.5

ピアノが好きで好きでたまらないという方や、コンクールや試験でいい結果を出すために多くの時間を練習に費やしたいという方の中には、「夜でもピアノの演奏ができたらいいのに」と思われる方も多くいらっしゃるというお話を耳にいたします。
とはいえ、夜といえば多くの方々が体を休め、早い方では床に就かれている方もいらっしゃいます。
そのような環境下でも気兼ねなく、ピアノ演奏をお楽しみいただくことができるようになるのが、アナログピアノ用・超弱音システム「ナイトーン」です。

2019.12.3

ピアノから発せられる音は、ピアノが演奏の際の動きなどで振動する音と、空気を伝わって聞こえる演奏音のふたつがあります。
この内、振動は防振マットやインシュレーターなどを使って抑えることが可能です。
そして、肝心要のピアノの演奏音を抑える際には、超弱音システム・ナイトーンをご利用下さい。
これらの防音対策を組み合わせることで、より楽しく快適なピアノライフをお送りいただくことができます。

2019.11.29

普段はとても豪快に、大きな声で話し、笑うような方でも、例えば夜間の時間帯や、図書館や病院、お子さんや赤ちゃんが寝ている場所などでは、何かをお話される際にもきっと声を小さく潜められることでしょう。
演奏する度に大きな音が発せられるピアノも、このような気遣いのできる機能が備わっていれば、どんな時間でも演奏をお楽しみいただくことが出来ますね。
それを可能にするのが、アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンです。

2019.11.27

ピアノは国内外の様々なメーカーが製作を行っており、その設計や寸法、構造は会社ごとに異なるのはもちろんのこと、同じ会社のものであっても機種の違いや製造時期の移り変わりによって様変わりしていることが多々ございます。
ナイトーンの特色のひとつが、そのようなそれぞれ異なる構造のピアノに合わせて設置することのできる、オーダーメードにより一台ずつ製作を行っております。
今お使いの生ピアノに防音対策を導入したい、とお考えの際は、ぜひこちらまでご相談ください。

2019.11.22

ピアノの防音対策を施す場所というと、多くの方が「床」「窓」「壁」に対策を施そうとされます。
これらの箇所は言ってしまえば際限がなく、ハイレベルな防音対策を図るためにはそれ相応の手間やコストが生じます。
ナイトーンは、音の発生元であるピアノそのものに防音対策を図ります。
設置・施工はピアノのことを知り尽くしたプロが行いますので、従来の防音対策のように、お宅にお住まいの方の手を煩わせることもありません。

2019.11.20

住宅地や賃貸物件など、お隣の家との距離が近いお住まいでピアノを演奏する際に防音対策として用いられることが多いのが、ピアノを模した楽器・電子ピアノ、デジタルピアノです。
電子ピアノ、デジタルピアノは、ボリューム操作やヘッドホンを使用することにより簡単に防音対策を行うことができます。
しかし、そこから発せられるピアノの音はあくまでもサンプリングされた電子音のため、実際にアナログピアノを弾いた時に聴こえる音、そして喜びや感動を感じることは難しいと言えます。
ナイトーンは、アナログピアノの音を音源としていますので、その音の魅力を活かしたままで防音対策を行うことができます。

2019.11.15

ご存知のように、ピアノは鍵盤を押すとその奥にあるハンマーが弦を叩き、そこで響いた音が鳴り響く仕組みで出来ています。
このハンマーが弦を叩く際にフェルトを挟むことで、ピアノの音を弱めることができるのですが、いわゆる従来の一枚型のフェルトでは、弱音の効果もそこまで大きくはなく、またせっかくのピアノの美しい音も濁ってしまいます。
ナイトーンは、多層式のフェルトが弦を打つハンマー一つ一つに合わせて分割されており、音の濁りが全く発生せずに、かつより高い弱音性を得ることができます。

2019.11.13

生ピアノ用の超弱音装置・ナイトーンは、実際に聴こえる音の小ささも去ることながら、計測データとしてもその超弱音性能が示されています。
本来、加工などを行っていない生ピアノは約80dbほどの音が発せられますが、ナイトーンを設置することで約60dbくらいまで音の大きさを落とすことができます。
ピアノ演奏の得意な方なら、これよりも更に小さな音(50db程度)での演奏がお楽しみいただけます。
夜間や住宅密集地でのピアノ演奏の際は、ぜひご利用ください。

2019.11.8

ナイトーンは、設置するだけでアナログピアノの音の音量だけを小さく抑え、夜でも演奏をお楽しみいただくことができる防音対策です。
防音効果の面でも非常に高い効果を誇るナイトーンですが、設置の際に穴開け、ネジ・ビス止めなど、ピアノ本体に傷をつけるような加工は行わないというメリットもございます。
大切なピアノを、見た目はそのままにハイレベルな防音機能を実装させられるナイトーンをぜひご利用ください。

2019.11.6

ピアノは、世界各国で生まれた様々なジャンルの楽曲を違和感なく演奏することのできる楽器として多くの人々に愛好されています。
しかし、そんなピアノ、特に生ピアノから発せられる音の大きさは、時として騒音トラブルの引き金になってしまうことも少なくありません。
ご家庭で夜中や早朝であっても楽しく、思うままにピアノ演奏を楽しみたい・・・
そんな時には生ピアノ用の超弱音システム・NighTONE(ナイトーン)をご利用ください。

2019.11.1

「音感」というものは普段から慣れ親しみ聞いているものがどんどん身体に染み付いていくものです。
例えて言えば各国の言語や、日本で言えば地域ごとの方言などがそれを顕著に表しているでしょう。
これはピアノのような楽器の音にも同じことが言え、アナログピアノと電子ピアノでは、育ち養われる音感も異なってきます。
ナイトーンは、ピアノそのものの音を活かした防音対策システムですので、周りにお住まいの方に気を配りながらも本物の音感を身に着けていただくことができます。

2019.10.30

「うちのピアノにも防音対策を考えているけれど、弾くのは主に子供だから、そこまで大掛かりなものにしなくてもいいかな」と、ナイトーンの設置を悩まれている方の中には、このようなお考えをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ナイトーンをご愛用いただいているお客様の中には大人のお客様だけでなく、ピアノを始められたばかりの小さなお子様も多くいらっしゃいます。
『お客様の声』のページには、実際に設置を行ったお客様とのやり取りや設置の模様などを随時掲載しておりますので、そちらも併せてご覧くださいませ。

2019.10.25

超弱音システム・ナイトーンを取り付けたピアノは、その名の通り夜でも演奏できるほどの小さな音に切り替わります。
このシステムの要である独立多層式のフェルトは、取り付けることによってピアノ演奏時のタッチに若干の変動が生じます。
このタッチの変動を完全に補正させ、違和感なく演奏をお楽しみいただくためのシステムがタッチ可変ユニットです。
タッチ可変ユニットは後付の設置も可能ですので、既にナイトーン・ライトモデルをご利用いただいているお客様でもお気軽にお申し付け下さい。

2019.10.23

電子ピアノは防音対策として音量の強弱がつけられるだけでなく、機種によって自動演奏の機能がついていたり、ピアノ以外の音がサンプリングされていたりと、バラエティに富んだ演奏を楽しむことが出来ます。
反面、生ピアノの音も当然サンプリングされた音ですので、響きや深みも感じにくいか、もしくは電子化されたどこか物足りない違和感のある響きになってしまうきらいがあります。
防音対策も大切だけれど、生ピアノの音にもきちんとこだわりたい・・・そんな方におすすめの対策が、本物のピアノの音量だけを落とすことのできるナイトーンなのです。

2019.10.18

何事においても、日々の練習の積み重ねが物事の上達に繋がります。
ピアノの演奏も同じで、しっかりと練習を積み重ねることで、良い演奏をできるための筋道ができあがります。
さて、時間を問わずいつでもピアノの練習に邁進するためには、ピアノの防音対策が必要不可欠です。
アナログピアノをお持ちで、効果的な防音対策の方法をお探しでしたら、アナログピアノ専用の超弱音システム・ナイトーンをご利用下さい。

2019.10.16

いつも何気なく聴いているピアノの音。実はあの音の大きさは、数値化すると約80dbくらいになります。
80dbもの音を発するものの代表格が走行中の電車内の音ですから、それが住宅密集地や集合住宅などで鳴り響いていると考えると、ピアノを演奏するのを躊躇ってしまいそうになります。
ナイトーンを設置したピアノは、この80dbもの音を大幅に減衰させることができ、通常でも60db、ピアノの演奏に繊細な方なら50db台にまで落とすことができます。

2019.10.10

グランドピアノとアップライトピアノ、アナログピアノにはこちらの2つのタイプに分かれ、それぞれ内部の構造や音の響き方などに違いがございます。
ナイトーンはそのどちらのピアノをお持ちの方でもご利用いただけるよう、『GP』と『UP』2つのバージョンを展開しております。
また、いずれもオーダーメードにて製作しているので、メーカーや機種の違いを問わず、『UP』はほぼ全て、『GP』は一部の輸入ピアノを除くほぼ全てのピアノに設置可能です。ぜひご利用下さい。

2019.10.8

アパート・マンションのような集合住宅にお住まいの方は、戸建てのお家にお住まいの方よりも周りにお住まいの方への音の気配りが欠かせないものです。
そんな中でもアコースティックピアノの演奏を楽しみたいとお考えの際は、生ピアノ用の弱音装置・ナイトーンをご利用下さい。
ナイトーンは従来の電子式サイレント装置とは異なり、ピアノそのものの音を活かした超弱音対策が可能です。

2019.10.4

ナイトーンはアナログピアノ専用の超弱音システムです。
もちろん日中の演奏でも効果を発揮しますが、その名の通り静まりかえった夜の帳の中での演奏もお楽しみいただくことができます。
静かな空間でのピアノ演奏は、より演奏に集中することができ、聴覚も鋭敏になり、小さな音でも美しく、綺麗に聴こえるという効果が付随します。アナログピアノの防音をお考えの際には、ナイトーンをぜひご利用下さい。

2019.10.2

多くの人が寝静まっている夜。
ピアノ愛好家の方の中には、そんな夜でも思い立ったらピアノを演奏したい!と思われる方がいらっしゃいます。
ナイトーンは、まさにそんなピアノ愛好家の方にピッタリの、アコースティックピアノ用の超弱音システムです。
通常のピアノ演奏を楽しむためのモードにもワンタッチで切替可能ですので、どちらでもお好みのスタイルでピアノ演奏をお楽しみいただけます。

2019.9.27

夜などにピアノの演奏をされる必要がある際は、とにかく音への配慮をしっかりと行う必要があります。
とはいえ、いくら調整が手軽にできるからとは言っても、普段から生ピアノに慣れ親しんでいる方にとっては、いきなり電子ピアノに乗り換えるのは違和感が強く、演奏にも身が入らなくなってしまう可能性もあります。
生ピアノのままでもしっかりと演奏音量を小さく弱めることができる対策のことなら、ナイトーンをご利用下さい。

2019.9.25

無加工のピアノからは、走る電車の車内の喧騒に相当する、約80dbもの音が発せられます。
このレベルの音が昼夜問わず鳴り響いていては、いくら演奏の腕前が高くても、周りにお住まいの方も思わず苦い顔になってしまいかねません。
ナイトーンをピアノに設置すれば、音の大きさを20db近く落とすことができます。
ナイトーンを設置したピアノで、昼夜問わずいつでも快適にピアノ演奏をお楽しみ下さい。

2019.9.20

ピアノの防音対策で最も効果のあるものと言われている防音室。
しかしこの防音室は、堅牢であればあるほど外へ漏れなくなり、翻って室内への反響が強くなり、その反響音に悩まされるピアニストの方も少なくありません。
ナイトーンを設置したピアノであれば、防音室内の演奏でも反響音が抑えられ、快適にピアノの演奏をお楽しみいただくことができます。

2019.9.18

アナログピアノとデジタルピアノ。どちらも『ピアノ』というカテゴリーに籍を置いている楽器ですが、その表現力には大きな開きが生じます。音の伸びや響きにより、豊かで情感溢れる表現をすることができるのは、アナログピアノをおいて他にはありません。このアナログピアノを夜間や住宅街・集合住宅でも、いつでも気兼ねなく演奏したいとお考えでしたら、アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンのご利用がおすすめです。

2019.9.13

アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンには、『ライトモデル』と『プロフェッショナルモデル』の二つのタイプがございます。今お使いのアナログピアノの演奏時の音量を落として演奏することを主な目的とする際はライトモデル、更にそこに通常音時にもオリジナルなピアノと同じタッチで演奏を楽しみたいとお考えの際はプロフェッショナルと、お客様のご希望に応じてお選びいただくことができます。ナイトーンに関してのご相談やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

2019.9.11

人が話す時の喋り声の大きさに個人差があるように、ピアノのような楽器から発せられる音にも、演奏者の技術や工夫によって個人差が生まれます。生ピアノの防音対策に用いられるナイトーンは、演奏者の方の腕前に関わらず、ピアノから発せられる演奏音を落とし、夜間や集合住宅内でも気軽に演奏できる環境を作ることが可能です。様々な理由からそのような時間帯や場所でのピアノ演奏が必要な際は、ぜひナイトーンをご利用下さい。

2019.9.6

巷にあふれる様々な防音対策アイテム。中には取り入れてみても「効果が出ているのかな?」と疑問に思われてしまうものも少なからず存在します。アコースティックピアノにご利用いただける「ナイトーン」は、目に見える数値の上でも明らかな防音効果を発揮しています。初心者の方でも上級者の方でも、その確かな効果を感じていただけるナイトーンをぜひご利用下さい。

2019.9.4

夜間帯や集合住宅での防音対策のために電子ピアノを導入するのではなく、ナイトーンを装着したアナログピアノを用いることで、本物のピアノの音を感じ取りながら演奏を楽しむことができます。「一度試弾してみたい」とお考えの際には、ご予約制にて試弾の受付を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

2019.8.30

生ピアノに設置できる超弱音システム・ナイトーン。高い防音効果を持ちながらも音そのものの魅力を削ぐことなく演奏できるという利点はもちろんのこと、ピアノに装着するための施工に際しても、それぞれのピアノに合わせたオーダーメードの製作を行いますので、穴あけやネジ止めなどをすることなく、高精度な技術で設置をすることができます。大切なピアノに不要な傷をつけることなくご利用いただける防音対策をご希望の際は、ぜひご利用下さい。

2019.8.28

アナログピアノの防音対策として用いられることの多いサイレントシステム。ヘッドホンを着用しながら演奏できるため周辺への音漏れのトラブルを完全に回避することができますが、反面その音は電子信号化されたものとなり、普段よりアナログピアノに慣れ親しんだ方にとっては正直物足りなく感じられてしまう、ということもしばしばです。ナイトーンは本来設置されている防音用のフェルトを特別仕様に切り替えるシステムですので、本来の生音を生かしたままの演奏をお楽しみいただけます。

2019.8.23

「コンクールに向けて深い時間でも練習したい」「ライフスタイルの都合上、夜しかピアノ演奏を楽しめない」「夜の静かな雰囲気の中でピアノの演奏をしてみたい」このように様々な理由から夜にピアノを弾きたいと思われる方がいらっしゃいます。そのような方に強くおすすめしたいのが、生ピアノ用の超弱音システムであるナイトーンです。生ピアノであればメーカーや機種を問わずオーダーメイドにて製作・設置が可能です。

2019.8.21

電子ピアノのボリュームのように、アナログピアノの音も場に応じて強弱を変えられたら、例えば夜や住宅密集地などでも演奏を楽しむことができるでしょう。そのような希望を叶えることができるのがアナログピアノ用・超弱音システム・ナイトーンです。アップライトピアノとグランドピアノの両方に設置できますので、どちらのピアノをお持ちの場合にもご利用いただけます。お気軽にご相談くださいませ。

2019.8.9

通常、ピアノの演奏時に発せられる音の大きさは約80デシベルほどになり、他の音でいうと大きめに設定されたテレビの音量や走行中の電車の車内、車が行き交う交差点などがこれくらいの大きさになります。
約80デシベルの音が断続的に鳴り、聞こえてくるという状況は、周りにお住まいの方にとって好ましいものとは言い難い面があります。
アナログピアノ用弱音システム「ナイトーン」を装着することで、この大きな音を抑えることができます。ピアノの防音対策をお考えの際は、ぜひご利用下さい。

2019.8.7

生ピアノ用の超弱音システム・ナイトーンは、本来であれば一枚式単層型のフェルトを、ピアノのハンマーごとに分割し、さらに多層構造にすることによって、より高い弱音性を確立することができました。
さらにこのフェルトの交換によって生じてしまった微妙なタッチの変化をナチュラルな状態に修正するタッチ可変ユニットを取り付けていただくことで、より快適にピアノ演奏をお楽しみいただくことができます。
一括での設置はもちろん、独立多層フェルト単独でのお取り付けも可能ですので、お気軽にご相談下さい。

2019.8.1

ピアノや楽器演奏の際の防音対策の中でも特に高い効果を得られるものとして認識されているもののひとつに「防音室」があります。
しかしこの防音室も、一角のスタジオのようなしっかりした作りのものをご自宅に設置するためには莫大な費用がかかりますし、手軽なものでは大した防音効果を得られないというケースもございます。
防音室よりも手頃に、かつ確実性の高いピアノの防音対策としておすすめなのが、ナイトーンです。
ナイトーンはピアノそのものに加工を施しますので、防音室をひとつ作るような大掛かりな工事も必要としないというメリットもございます。

2019.7.30

アコースティックピアノ用超弱音システム・ナイトーンは、ご利用いただいた一般のお客様からも好評のお声を頂いておりますが、ピアニスト・調律師・ピアノ製造マイスターというようなピアノに携わるお仕事に従事されている方や、防音施工を専門とされる建築士の方からも高い評価を頂いております。
頂いた様々なお声はお客様の声のページにそれぞれ掲載されておりますので、ナイトーンの導入を考えているけれど実際に使用した人の感想が見てみたい、プロの見地から見た意見が聞きたいという方は、そちらのページも併せてご覧くださいませ。

2019.7.26

コンサートホールや講堂など、ダイナミックにピアノを演奏できる場所もあれば、住宅密集地や集合住宅など、発する音に気をつけて演奏する必要がある場所もございます。
ナイトーンは、まさにその音に気をつけて演奏する必要のある場所に設置されたピアノにとって、効果的な防音対策を図ることができる装置です。
その名の通り、夜でも演奏をお楽しみいただけるほどの防音効果を、皆様がお持ちのピアノにぜひご利用下さい。

2019.7.24

既存の製品に追加で何かを取り付けるに当たって気になるのが、元となる製品に開口される穴や、取付のために必要となるネジやビスの存在です。
アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンは、お客様の大切なピアノに、穴開けやネジ・ビス止めなどを行うことなく設置することができます。
それぞれのピアノに合わせたオーダーメードにより製作いたしますので、防音性も汎用的な防音対策より格段に向上しております。

2019.7.19

様々なメーカーが製造しているピアノですが、同じメーカーであっても多様な機種があり、さらにその機種も製造された時期によってはその寸法や設計自体に異なる部分があります。
ナイトーンは製作の段階からお客様がお持ちのピアノに合わせて行われますので、それぞれのピアノに合わせた設計で一から製作を行い、確かな防音効果を発揮いたします。
夜間、あるいは集合住宅内での演奏に大変便利にご利用いただけますので、ぜひ設置をご検討下さいませ。

2019.7.17

都心部の繁華街でもない限り、夜は等しく静寂の空間となります。
そんな静寂の訪れた中でも自由に自然にピアノの演奏をしたいと、お考えの際にお役立ちできるのが、アコースティックピアノ用の超弱音システム・ナイトーンです。
従来のヘッドホン装着式の電子サイレント機能ではなし得なかった、生のピアノの音をそのまま超弱音化し、アコースティックの持つ響きや深みはしっかりと活かしたまま、自然なピアノ演奏をお楽しみいただけます。

2019.7.11

コンクールや発表会、音楽系の学校に通われている方なら試験の時など、日頃研鑽を重ねたピアノの腕前を披露する場面を迎えるにあたっては、より多くの練習を重ねておきたいものです。
時間帯や場所を問わずピアノを演奏するためには、防音対策が必須と言って良いでしょう。
アナログピアノの音色の魅力を損なうことなく、音の大きさだけを低減させることのできる対策をお探しでしたら、ナイトーンをご利用下さい。

2019.7.9

ホームセンターやインターネットストアなどでも、ピアノの防音に利用できる防音カーテンや防振マットなどは手軽に購入することができます。
このようなグッズだけでも簡易的な防音は可能ですが、より本格的に、かつ確実性の高い防音対策をお考えであれば、アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンの導入をご検討下さい。
従来のサイレント装置のように音を電子化させることなく、自然な生の音のまま音量だけを落とすことができるので、より満足度の高い防音対策となっております。

2019.7.5

ご家庭にあるピアノには、大切な方からの贈り物であったり、ご両親やお祖父様・お祖母様から受け継がれてきた大切な家財道具のひとつであったりと、そこに据え置かれるまでに様々なドラマが存在します。
その大切なピアノに穴を開けたり、ネジ・ビス止めをしたりなどと傷をつけるような作業を経ることなく防音対策を図ることができるのが、アナログ式超弱音システム・ナイトーンです。
ナイトーンを設置いただくことで、ピアノを夜でも演奏できるほどの音量に切り替えることができます。

2019.7.3

ナイトーン高輪オフィスの方へ、一度ご相談をいただきましたら様々な地域まで出張し、超弱音システム・ナイトーンの製作作業を行っております。
当ウェブサイト内のブログページには、これまでご訪問・設置を行ったお客様とのやり取りや施工のお写真などを随時更新しております。
併せて、「お客様の声」と題して、実際にナイトーンをご利用いただいてのご感想や喜びのお声なども掲載しておりますので、そちらもぜひご覧くださいませ。

2019.6.28

ピアノは、演奏する楽曲のジャンルや演奏される方の弾き方によって様々な表情を目まぐるしく魅せてくれる楽器です。
このように素敵な魅力たっぷりのピアノですが、その音はとても大きく、何も対策を講じないまま演奏した時の音の大きさは走行中の電車内の音と同じレベルだと言われております。
夜間や集合住宅などでも気兼ねなくピアノを演奏していただくための防音対策のことなら、アナログ式超弱音システム「ナイトーン」をご利用下さい。

2019.6.26

ナイトーンの弱音機能の要である独立多層フェルト。
こちらを設置いただくだけでお使いのピアノは十分に弱音効果を得ることができますが、独立多層フェルトを設置したことによって、生音時のタッチに若干の変化が生じます。
この変化を無くして、通常時のピアノと同じタッチでピアノの演奏をお楽しみいただける効果をもたらすのが、タッチ可変ユニットです。
ナイトーンは、お客様のご要望に合わせて単独・セットそれぞれでの施工が可能です。

2019.6.21

幅広い世代の方に愛される楽器であるピアノ。
美しい音を奏でる楽器ではありますが、時と場合によっては人に疎まれてしまうこともあるのがその大きな音です。
夜の時間帯や、住宅地・集合住宅のような周りの方との距離が近い場所でも思う存分ピアノの演奏をしたいとお考えの際は、ナイトーンをご利用ください。
ハンマーひとつひとつに対応できるように独立化され、かつ多層構造になったフェルトの効果で、本来であれば大きく響くピアノの音をぐっと抑え、さらにその音が本来持つ美しさを遮ることなく演奏をお楽しみいただくことが可能となっております。

2019.6.19

こちらのTOPICS欄を始め、当ウェブサイト内ではナイトーンの効果やその構造、仕組みなどについての情報を多数掲載しております。
さて、お客様の中には「文章での説明もいいが、実際に演奏してみた時の状態を見てみたい」というご意見をお持ちの方もいらっしゃると思います。
そのようなお声にも対応できるよう、「計測の動画」というページ内に製品紹介ビデオや測定機を用いて音の大きさを計測した動画などを掲載しております。
ピアノの防音対策にナイトーンを取り入れたいとお考えの際には、そちらも併せてご覧くださいませ。

2019.6.13

「夜中にピアノを弾く必要がある」「夜でもピアノを演奏したい」そんなとき、皆様ならどんなピアノを使いますか?
これまでは音の大きさを変えられる電子ピアノや、ヘッドホンで音を聴けるサイレント装置を設置したピアノなどが一般的でした。
そのどちらも、アナログピアノが本来持っている音の魅力や弾きごたえを感じることができないという大きな弱点を抱えています。
ナイトーンは、それらの弱点をしっかりとカバーしつつ、高いレベルの弱音対策を図ることができる、プロアマを問わず積極的にご利用いただける超弱音システムです。

2019.6.11

コンサートホールや学校の音楽室などに設置されている大型のグランドピアノとお家の中のような中・小規模のスペースでも設置できるアップライトピアノ。
ピアノ用アナログ式超弱音システム・NighTONE(ナイトーン)は、そのいずれにも対応できるよう、グランドピアノ用の『GP』とアップライトピアノ用の『UP』の2種類の形態のご案内がございます。
お客様がお持ちのピアノに合わせてのオーダーメイド方式による製作を行っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

2019.6.7

お洒落なバーやホテルのラウンジなど、雰囲気のある場所で日が落ちた時間に聴くピアノは昼間とはまた違う風情を感じられるものです。
「自分の家でも夜にピアノを弾いてみたい……」と思われる方も多いのではないでしょうか。
そんなピアノ愛好家の方の夢を叶えることができるのが、アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンです。
アナログピアノにナイトーンを設置することで、無加工のピアノでは成し得なかった夜間での演奏も気軽にお楽しみいただくことができます。

2019.6.5

生ピアノの音の大きさは数値に換算すると約80デシベルほどになります。
この数値に近いのが走行中の電車内の音と言われており、どれだけ大きな音が発せられているのかがより分かりやすいかと思います。
ナイトーンをピアノに設置していただくことで、この大きな音をカットし、夜間や集合住宅でも自由に演奏をお楽しみいただくことができます。
ピアノの効果的な防音対策をお考えの際は、ぜひご利用下さい。

2019.5.31

従来のアナログピアノの防音対策といいますと、ピアノの中に電子式サイレントを組み込み、そこにヘッドホンを繋いで音を聴く、という方法が一般的でした。
しかし、この方法には「聴こえる音が録音による電子音で、生音の持つ魅力が全て消されてしまう」という致命的な弱点がございました。
他のピアノの生音の電子化という致命的な問題を解消し、自身のピアノ音により、かつハイレベルの防音を行うことがきる対策をお探しでしたら、アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンをご利用下さい。

2019.5.29

いかに質のよいものであっても、ある程度の費用が掛かるものを購入される際は、少しでも試してみたいとお考えになるのは当然のことです。
例えば、お車を購入される前のお客様に試乗運転を案内しているディーラーさんは少なくありません。
ピアノの防音対策にナイトーンを利用したいとお考えのお客様向けに、港区高輪のショールームにてナイトーンを設置したピアノの試弾をご案内しております。
クオリティの高い弱音効果を直にご体験いただけますので、ぜひご予約の上ご利用下さい。

2019.5.24

ピアノの音というのは一律同じように思われる方もいらっしゃいますが、実際のところはその習熟度によって大なり小なりの差が生じます。
アナログピアノ用・超弱音装置ナイトーンは、どのような方がご利用いただいても効果的な弱音対策を図ることができますが、ピアノの演奏に長けた方であれば、より大きな効果を実感していただけるというプラスアルファの強みがございます。
夜でもピアノ演奏をお楽しみになりたいという方は、ぜひナイトーンをご利用下さい。

2019.5.22

鍵盤楽器の一種である電子ピアノ。
ボリュームの調整ができたり、ヘッドホン・イヤホンなどを用いたりなど、防音のことを考えながら機種選びをされるという方が選ばれることが多いです。
しかし、そのような側面には強みがあるものの、楽器の楽しさのひとつであるその音の響きや深みは、電子音化されることによって失われてしまってるといっても過言ではありません。
アコースティックピアノの音を楽しみながら、しっかりとした防音対策ができるものをお探しでしたら、アナログピアノ用・超弱音システム『ナイトーン』をご利用下さい。

2019.5.17

アナログピアノは、通常であれば防音対策が整えられたスタジオやホールなどで演奏されるものです。
しかし、ご家庭に導入されるという方も当然いらっしゃいます。
ご家庭にアナログピアノを導入するに当たっては、周りにお住まいのご近所様にご迷惑をかけることなく演奏をお楽しみいただくためにしっかりと防音対策を行いましょう。
ナイトーンは、その名の通り夜でも演奏をお楽しみいただけるほどの高い効果を持つ防音対策です。

2019.5.15

生ピアノを演奏する時には、演奏自体の音と鍵盤を押えたりペダルを踏んだりすることによって起こる振動音が起こります。
振動音は防振マットやインシュレーターのようなホームセンターなどで購入できるグッズで対応しましょう。
ピアノの音の対策におすすめなのがアナログピアノ用超弱音装置・ナイトーンです。
数値の上でもはっきり現れるハイレベルな防音対策をぜひご利用下さい。

2019.5.10

アナログピアノは、演奏する時のタッチの付け方で音の幅や深さが変化し、それが結果として幅広い表現に繋がります。
しかしその一方で、アナログピアノの演奏時において必ずといっていいほど付いて回るのが音の問題です。
これが元で大きなトラブルになってしまう、というお話も決して少なくはないのです。
このような問題を未然に防ぎ、たとえ夜でも快適にピアノ演奏をお楽しみいただくことができるのが、アナログピアノ用・超弱音システム「ナイトーン」です。

2019.5.8

空気を伝って聞こえる音と個体が振動することによって起こる音。
ピアノの音は大別するとこのふたつの音に分化されます。
ナイトーンのシステムである「独立多層フェルト」は、弦を叩くハンマーの衝撃をその多層式のフェルトで吸収し、音を鳴らすための振動を抑え、発せられる音を低減させることができます。
また、ユニットの設置に当たってピアノに穴開けやネジ・ビス止めなどは致しませんので、安心してご利用いただけます。

2019.4.26

ご自宅でのピアノ演奏の際には、ピアノから発せられる演奏音そのものと、演奏の動きによって起こる振動に気を配っていく必要がございます。
振動には、ホームセンターなどで販売している防振マットなどをご利用いただくといった対策がおすすめです。
音には、ピアノそのものに対策を行うのが良いでしょう。
アナログピアノに施す防音対策のことなら、ナイトーンをご利用下さい。

2019.4.24

ポップス、クラシック、ジャズ、演奏される方によって様々なジャンルの音楽を奏でることのできる楽器のひとつ・ピアノ。
ピアノを夜や集合住宅でも楽しく快適に演奏したいとお考えでしたら、ナイトーンの設置をご検討下さい。
ピアノの音の大きさだけを落とすことのできるシステムですので、響きや深み、そしてピアノのタッチには一切影響を及ぼさないというメリットがございます。

2019.4.19

ナイトーンの弱音効果の要・独立多層フェルト。
当然既存の一枚式フェルトよりは厚みがあるため、これだけを設置した場合は通常の演奏時と若干のタッチの変化が伴います。
よりこだわりを持って演奏をお楽しみいただきたいとお考えの際は、独立多層フェルトと合わせてタッチ可変ユニットの組み込みをおすすめ致します。
こちらをご利用いただくことにより、ピアノ本来のタッチを100%変化をもたらすことなく演奏をお楽しみいただけます。

2019.4.17

ピアノの音というと「美しい」「綺麗」といったイメージがございますが、それと合わせて抱かれるのが「大きい」「うるさい」というイメージです。
それもそのはず、無加工のピアノからは目安として約80dbほどの音が発せられています。
ナイトーンを設置いただきピアノを演奏されると、この音が約60dbまで軽減されます。
これを他の音で喩えると、走行中の電車の車内で聞こえる音が普通の会話をかわしている時の音くらいにまで超弱音化することができるのです。

2019.4.12

ご家庭にピアノを導入するに当たって、弾き始めの前に防音対策を取られるという方は多いかと思われます。
外付けの防音対策グッズはネットやホームセンターなどで手軽に入手できるので、まずはそこから入っていただくのも良いでしょう。
より抜本的、かつ確実性の高い防音対策をご所望であれば、ぜひご利用いただきたいのが「ナイトーン」です。
数値上でも高い水準の防音効果を算出しており、その音の小ささは夜でもピアノ演奏をお楽しみいただけるほどです。

2019.4.10

アナログピアノは、日本国内外を問わず様々なメーカーから製造・販売されており、それぞれのメーカーごとに個性や特徴が存在します。
では、同じメーカーから販売されているピアノの構造は全て均一なのか、というとそのようなことはなく、大なり小なりの違いが存在します。
つまり、ピアノに防音の処置を施すには画一的なことを行うよりも、それぞれのピアノに適した処置を施していただいた方がよりレベルの高い対策を行うことができるのです。
ピアノごとに合わせたオーダーメードの対策をお考えでしたら、ナイトーンをご利用くださいませ。

2019.4.5

アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンは機能そのものも高い防音効果を備えておりますが、取り付けるに当たってのメリットも一般的なサイレント装置を上回っております。
その際たるものが、ナイトーンを取り付けるに当たって、固定のためにネジ止めをしたり、余計な穴を開けたりといった、お客様の大切なピアノを傷つけるような施工は一切致しません。

2019.4.3

ピアノの音を外部に漏れないようにする対策というと、真っ先に浮かぶのがサイレント装置です。
しかし、サイレント装置はピアノの音を電子音に変換してしまうため、普段から生ピアノに接していらっしゃる方ですと、その音の響きにご満足いただけないというご意見は多く耳に致します。
ナイトーンは、生ピアノの音が持つ、響きや深みというような魅力を損ねることなく、防音対策を施すことができます。

2019.3.29

アコースティックピアノの一種「アップライトピアノ」は比較的コンパクトなサイズのピアノとして知られ、小規模な音楽教室や幼稚園・保育園、さらにはご家庭など、場所を選ばず使用されています。
サイズはコンパクトですが、グランドピアノに引けを取らない音の大きさがあるため、気兼ねなくご利用いただくためには防音対策が必須となります。
アップライトピアノへの防音対策をお考えの際は、ナイトーンUPをご使用下さいませ。

2019.3.27

世界初のアナログ式超弱音システム・ナイトーン。
アナログピアノの音量を抑えつつ、音の魅力や深み、アナログピアノを弾いた時の弾き応えはしっかりと保つという使用のメリットが高いナイトーンは、一般のお客様はもちろんのこと、ピアニストや調律師など、ピアノに普段から深く関わっていらっしゃる方や、防音に関する深い見識をお持ちの建築士の方などにも、その効果を認められ、高い評価をいただいております。

2019.3.22

ナイトーンの弱音効果の肝である「独立多層フェルト」は、従来の一枚式のフェルトに比べ音を弱める能力が格段に高まる反面、ピアノのタッチに若干ではありますが変化が生じてしまいます。
このタッチの変化が気になるというお客様にご案内しているのが、「タッチ可変ユニット」です。
同時でのお取り付けはもちろん、独立多層フェルトだけを先行して取り付けられたお客様向けに後付での設置も可能ですので、お気軽にご相談くださいませ。

2019.3.20

大切なコンクールや試験の場で、全力を出し切った良い演奏がしたい。
ピアノを演奏される皆様の誰しもがそう思われていることでしょう。
良い演奏のためには日々の反復練習が大切なのですが、ご自宅で夜遅くにピアノを弾くのは、音の問題から憚られるというご意見は少なくありません。
そんなピアニストの皆様が、夜でも快適にピアノを演奏できるようにするための最良の防音対策がナイトーンです。

2019.3.15

ナイトーンの特徴のひとつに、完全オーダーメイドにて製作しているという点があります。
ピアノというのは、たとえ同じメーカーの製品であっても、内部の設計や寸法など、その構造自体に差異が生じます。
完全オーダーメイドで製作することによって、この様な細かな差異をカバーし、お客様のお持ちのピアノのためだけの特別な防音処置を図ることができるのです。

2019.3.13

ピアノをご自宅で演奏されるに当たって、ご近所の方々への配慮を考えて防音対策を行うのは非常に重要なことです。
ピアノへ直接行う防音対策のことなら、アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンをご利用下さい。
ホームセンターなどで販売されている防音シートやカーテンなどのグッズや、ご家庭にあるものを転用して行うお手軽な対策などと併せてご利用いただくと、より効果的な防音対策を図ることができます。

2019.3.7

普段、音楽教室や防音効果の整ったスタジオなどで何気なく演奏されているピアノ。
そんなピアノからは約80dbの大きさの音が発せられています。
これは走行中の電車の車内や、ゲームセンターの中に相当するほどの音なのです。
これほどの大きな音を抑えて、夜でも気兼ねなくピアノ演奏を楽しむことができるのが、ナイトーンの最大のメリットです。

2019.3.5

テレビCMなどでピアノの買取の広告をご覧になったことがある方は多いと思われます。
ピアノというものは、ご家庭にある貴重な財産のひとつといっても過言ではありません。
アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンは、その設置に当たって大切なピアノに傷をつけるような製作は行いません。
お客様がお持ちのピアノを大事に扱いながら、いつでも好きなように演奏できる弱音対策を施してまいります。

2019.3.1

アコースティックピアノは音の響きや深みが弾き方によって変化が生じるため、電子ピアノよりも臨場感に溢れた演奏をお楽しみいただけますが、その音量は大きく、ボリューム操作やヘッドホンでの音の制限をかけられないため、集合住宅や住宅密集地での演奏には不向きと言われてきました。
そのデメリットを解消し、いつ何時でも満足のいく演奏をお楽しみいただけるための足がかりになるのが、ピアノ超弱音システム・ナイトーンです。

2019.2.27

ピアノを演奏するときには、鍵盤を叩いたり、ペダルを踏んだりする動作によって生じる振動音と、ピアノの演奏そのもので発せられる音の2種類の音が発せられます。
振動音は防振マットやインシュレーターを用いることで吸収・防音することが可能ですが、ピアノそのものの音にはどのような対応をすべきでしょうか。
ピアノの美しい音を濁らせることなく、その音量だけを落とすことができる対策をお探しであれば、ナイトーンのご利用をおすすめ致します。

2019.2.21

人が発する声の大きさには個人差がございますが、ピアノから発せられる音の大きさも演奏される方によって個人差が生じます。
ナイトーンは、設置して作動させただけで音の大きさを減少させることができますが、ピアノの演奏に長けた方が演奏すれば、より小さな音で演奏をお楽しみいただくことができます。
弾き応えを感じてみたいとお考えの際は、港区高輪のショールームで試弾も可能(要予約制)ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

2019.2.19

「音を小さくするだけなら、電子ピアノでもいいのでは?」というご意見はもちろんございます。
しかし、ナイトーンはアナログピアノに設置しておりますので、音質そのものがアナログピアノの音色となります。
ピアノの音をサンプリングしたものと、ピアノそのものから発音された音では音の深みが段違いです。
本物の音に触れながら、夜間でも気兼ねなくピアノの演奏をしたいとお考えの際は、ナイトーンをぜひご利用下さい。

2019.2.15

防音室は、ピアノをはじめ楽器の演奏をご自宅で行うための対策のひとつとして知られています。
しかし、スタジオのような本格的な防音室をご自宅に設置するとなると、それ相応の費用が発生するため、選択肢として選びづらいという難点がございます。
お部屋ではなく、ピアノそのものに対策を施すナイトーンであれば、しっかりとした防音室を設置するよりもはるかにお求め安い価格で設置することが可能です。

2019.2.13

ピアノを製作するメーカーは国内外にあり、それぞれのメーカーごとにその構造は異なります。
さらに言えば、同じメーカーであっても機種が異なれば構造が変わってきます。
ナイトーンは、様々なピアノへの設置を可能にするため、それぞれのピアノに合わせたオーダーメイド方式による製作を行っております。
ピアノごとに合わせて作られた高い確実性を持つ防音対策をお求めでしたら、ナイトーンをご利用下さい。

2019.2.8

アナログピアノ用超弱音システム「ナイトーン」は、その名の通りアナログピアノの音の大きさを弱めるシステムです。
そのシステムを構築する装置のひとつであるタッチ可変ユニットは、独立多層フェルトの取付によって変化が生じてしまうピアノのタッチを、取り付けていただくだけで変化させることなく、普段と変わらない弾き心地でピアノの演奏をお楽しみいただくことができます。
確実性の高い弱音効果と満足感のある演奏を両立した防音対策のことなら、ナイトーンにお任せ下さい。

2019.2.6

夜の遅い時間でもピアノの演奏をしたい、とお考えの方が導入されるアイテムのひとつとして知られるのが、電子ピアノです。
電子ピアノはヘッドホンを装着しながらの演奏や、ボリュームの操作が手軽にできるというメリットがございます。
その反面、学校や音楽教室ではアコースティックピアノを演奏されている方ですと、電子ピアノの音や弾き応えに馴染めない、というご意見もございます。
超弱音システム「ナイトーン」をピアノに設置していただくことで、アコースティックピアノの持ち味を活かしつつ音量を落として演奏をお楽しみいただくことができます。

2019.2.1

生ピアノは、繊細な音から雄大な音まで、演奏されるピアニストの方のテクニックによって、様々な音を出すことができる、魔法のような楽器です。
しかし、この音が元になって、周りにお住まいの方にご迷惑をかけてしまうというお話も少なからず耳に致します。
そんな生ピアノの音だけを小さくすることができる、まるで魔法のような装置、それがナイトーンです。
ナイトーンを取り付ければ、夜間や住宅密集地、集合住宅などでも心ゆくまでピアノの演奏をお楽しみいただくことができます。

2019.1.30

夜の遅い時間でもピアノの演奏をしたい、とお考えの方が導入されるアイテムのひとつとして知られるのが、電子ピアノです。
電子ピアノはヘッドホンを装着しながらの演奏や、ボリュームの操作が手軽にできるというメリットがございます。
その反面、学校や音楽教室ではアコースティックピアノを演奏されている方ですと、電子ピアノの音や弾き応えに馴染めない、というご意見もございます。
超弱音システム「ナイトーン」をピアノに設置していただくことで、アコースティックピアノの持ち味を活かしつつ音量を落として演奏をお楽しみいただくことができます。

2019.1.24

普段大きな声でお話したり笑ったりされる方でも、図書館や小さなお子様が眠っている場所など、TPOに合わせて小さな声でお話されることがあると思います。
アナログピアノ用超弱音システム「ナイトーン」は、そういった静かな音での演奏を求められる場所でも、楽しく思い切りピアノの演奏を行うことができるという強みがございます。

2019.1.22

家財道具の中には、世代を超えて受け継がれているものもございます。
ピアノもそんな家財道具のうちのひとつです。
大切なピアノにキズをつけたり、穴を開けてネジ止めをしたりすることなく行える確実性の高い防音対策をお探しでしたら、私どもTAGAMI-PIANO TUNEのご案内するナイトーンをご利用下さい。

2019.1.18

発表会や学科のテストなど、大事な局面でピアノの演奏をする際は、少しでも多く練習したいものです。
夜遅くでもピアノの演奏をする際には、ナイトーンの設置がおすすめです。
独立多層式のフェルトによる高い防音性と、無加工のピアノと同じタッチでピアノが弾けるタッチ可変ユニットの二段構えで、皆様の夜遅くの時間帯のピアノ演奏を手厚くサポート致します。

2019.1.16

防振マットや防音カーテン、簡易的な防音室など、ピアノの防音対策に用いるアイテムには様々なものがございます。
しかし、そういったアイテムを使用した対策を試してみても、いまいち思ったような効果が得られない、という方も中にはいらっしゃいます。
そんな方におすすめしたいのが、アナログピアノ用超弱音システム「ナイトーン」です。
ナイトーンはピアノに弱音用の装置を設置するため、発生する音に対してより直接的なアプローチが可能です。

2019.1.10

軽やかな音色を奏でたかと思えば重厚な音を響かせることもできるピアノ。
まるで魔法のような楽器のピアノですが、その音の大きさは思わぬトラブルのきっかけになってしまうこともしばしば。
そんなピアノの音量“だけ”を落とすことができるこれまた魔法のような装置、それがナイトーンです。
ナイトーンを設置すればその名の通り夜(ナイト)でも思うがままにピアノの演奏をお楽しみいただけます。

2019.1.8

アコースティックピアノは、思っている以上に演奏時の音が出るため、例えば集合住宅にお住まいであったりすると、時間帯を問わず演奏するのが難しかったりします。
ナイトーンは、通常ピアノに設置している防音用のフェルトを、単層式から多層式に切り替え、さらにそれをハンマーごとに独立させることにより、音の濁りを起こさせず、音量だけを抑えることに成功しております。

2018.12.28

ピアノは、性別はもとより、幅広い世代の方に愛され、演奏される楽器です。
そのため、演奏される方によっては多くの人が体を休め、眠りに付く夜の間だけしか演奏の時間が取れない、ということもございます。
夜間でも昼間のようにのびのびとピアノの演奏をお楽しみいただきたい、とお考えでしたら、アコースティックピアノに取り付ける防音対策アイテムである「ナイトーン」をご利用いただくのが一番です。
静かな場所での演奏の障壁となる音の大きさだけを減退させることができる、魔法のようなアイテム、それがナイトーンです。

2018.12.25

アナログピアノ用超弱音システム「ナイトーン」を構築するのは、ピアノのハンマー一つ一つに対応し、かつハンマーを打ち込む際の衝撃を吸収することにより長けた独立多層フェルトと、ナイトーンを設置したことによって通常演奏時に生じてしまう若干のタッチの変化を起こすことなく演奏をお楽しみいただけるタッチ可変ユニットの二つです。
「文章だけではわかりづらい・・・」と思われるお客様にもご納得いただけるよう、ナイトーンがどのように作用するかがわかりやすくご覧いただけるよう、当ホームページ内に動画をご用意しておりますので、そちらも併せてご覧くださいませ。

2018.12.19

夜間にピアノを演奏する、となったとき、始めに頭に浮かぶピアノといえば、音量の上げ下げが可能な電子ピアノや、ヘッドホンで音が聴けるサイレント機能を取り付けたアナログピアノ、というのが一般的かと思われます。
ナイトーンは、そういった既存の常識を打ち破る、ピアノそのものの音を活かしたままピアノの音の大きさだけを抑えることができる、アナログピアノ用超弱音システムです。

2018.12.12

生ピアノと一口に言っても、学校の講堂や音楽室、地域のコンサートホールなどに設置されているグランドピアノと、それに比べるとコンパクトなため、ご家庭や小規模の保育施設などに設置されているアップライトピアノの二種類があり、それぞれに大小を問わず様々な際がございます。
生ピアノに設置できる弱音システム「NighTONE(ナイトーン)」は、そのどちらのピアノにも対応できるよう、「GP」と「UP」の2種類の形式をご用意しております。
ご利用のピアノの防音対策をお考えの際は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

2018.12.7

夜間でもピアノを演奏できたら良いのに、というのは多くのピアノ愛好家の皆様にとって理想的なことではないでしょうか。
そんな理想をかなえることができるのが、TAGAMI-PIANO TUNEのご案内する『ナイトーン』です。
皆様がお手持ちのアナログピアノに設置いただくことで、気になる音量が抑えられ、夜間でも好きなだけピアノの演奏をお楽しみいただくことができます。

2018.12.5

ボリュームの増減の操作や、ヘッドホンを装着しながらの演奏など、静かに演奏をお楽しみになりたい時にはとても心強い存在である電子ピアノ。
しかし、ピアノそのものが持つ表現力の高さは、生ピアノの方が圧倒的に高いです。
生ピアノの大きな音を抑え、夜やお隣にお住まいの方との距離が近い賃貸住宅などでも満足のいくピアノ演奏をお楽しみいただきたい、とお考えであれば、ナイトーンのご利用が最適です。

2018.11.30

☆NighTONE☆ナイトーン1,000台突破キャンペーン期間延長致します♪
夜にナイトーンでピアノを弾くとき、少しムードのあるライトがあると気分はもちろん、実際のタッチにも変化が起こります。
ナイトーンのロゴにもなっている月のライトでアコースティックピアノでありながら囁くような繊細な音色を奏でてみませんか……?
……もう電子サイレントには、戻れません。

2018.11.30

アコースティックピアノは、演奏時のタッチによってその音の表情は様々に変化します。
それと同時に、アコースティックピアノは演奏の際にとても大きな音を発します。
これでは夜間の演奏を楽しむのが難しい面がございます。
その音の問題を解消することができるのが、弱音システム・ナイトーンなのです。
お手持ちのピアノの防音対策をお考えの際は、ぜひご利用下さい。

2018.11.28

ピアノの「音」というものは、細かく分けると二つの音に分かれます。
空気を伝播して伝わる音と、個体の振動によって起こる音の二つがそれです。
ナイトーンを構築するシステムのひとつである「独立多層フェルト」は、ピアノの弦を叩き、振動を起こすハンマーひとつひとつに対応しているため、弦の振動によって起こる音を各個低減させることができるのです。
確実性の高い弱音対策をお考えのお客様におすすめのシステム、それがナイトーンです。

2018.11.22

ピアノをご自宅で弾くにあたって、気を配る必要があるもの、それが音と振動です。
振動の対策は吸振マットなどを用いることで行うことができます。
音への対策に大きな効果をお約束できるのが、アナログピアノ用超弱音システム「ナイトーン」です。
音の大きさだけをピンポイントに抑えることができるので、確かな防音対策をお考えのピアノ愛好家の方にぴったりです。

2018.11.20

ピアノを弾いた時に発せらる音の大きさは、走行中の電車内の音に相当する、約80dbもの大きさの音が出ています。
この80dbの音が、ナイトーンを設置していただくことで約60db、さらに熟練者の方が演奏すればそれ以上のレベルまで音の大きさを低減させることができます。
夜間でもピアノを演奏したい、とお考えのピアニストの皆様は、ぜひナイトーンをご利用下さい。

2018.11.15

人が発する声や、物を動かしたり落としたりするときに出る音の大きさに開きがあるように、ピアノを弾く際に出る音の大きさも、ピアノの習熟度によって差異が生まれます。
アコースティックピアノの音を弱める効果を持つナイトーンは、ピアノ演奏の習熟度が高い方が演奏することにより、さらに大きな弱音効果を感じていただくことができます。
夜間や、集合住宅などでピアノ演奏をする機会が多い際は、ぜひナイトーンをご利用くださいませ。

2018.11.13

ピアノの防音対策について考える際に、一番最初に選択肢としてあげられるのが、音量を調整したり、ヘッドホンやイヤホンを装着しながら演奏することのできる電子ピアノです。
しかし、電子ピアノには生ピアノの持つ音自体の響きや深みを細部まで再現することは叶いません。
生ピアノの音のもつ数多の魅力を活かした防音対策をご希望の際は、アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンをご利用下さい。

2018.11.09

生ピアノを演奏するに当たって付きものなのが、その音の大きさです。
防音環境の整ったホールやスタジオならまったく気にならないその音も、お家で演奏するとなれば話は別です。
周りにお住まいの方にご迷惑をかけることなく、快適にピアノの演奏を楽しみたい。
そんな希望を叶えることができるのが、弱音システム・ナイトーンなのです。

2018.11.07

ひとくちにピアノの「音」と言っても、空気を伝わる音とピアノそのものの振動によって発せられる音の2種類があります。
振動は防振マットやインシュレーターを活用することで抑えることができます。
ピアノそのものの音に行う対策なら、ナイトーンのご利用がおすすめです。
ナイトーンを設置すれば、その名の通り夜でもピアノの演奏をお楽しみいただけます。

2018.11.01

アコースティックピアノの音量を抑える弱音システム「ナイトーン」は、ピアノに設置する際にネジやビスなどを用いたり、ピアノそのものに穴を開けたりキズをつけたりすることはありません。
ナイトーンによるピアノの防音対策のことなら、タガミピアノチューンにご相談ください。

2018.10.30

ピアノの音に関する対策を施す際に気になるポイントのひとつが、取った対策が原因で音が濁ってしまったり、ピアノを弾いた際のタッチが変わってしまったりする、という点です。
こういった問題点をクリアできるのが、ナイトーンの主軸である独立多層フェルトとタッチ可変ユニットです。
これらがそれぞれ作用することにより、たとえ夜間でも満足のいく演奏をお楽しみいただけます。

2018.10.26

手軽に行える防音対策用のグッズは、品揃えの良いホームセンターや、ネットショップなどを覗けば簡単に手に入ります。
しかしこういったお手軽な対策というのは、思っていたような効果が得られず、いまひとつな結果になってしまう、ということも少なくありません。
生ピアノの音を確実に減退させることができる対策をお探しであれば、ナイトーンのご利用がおすすめです。

2018.10.24

国内であればカワイ・ヤマハ、海外であればローランド・スタンウェイなど、ピアノは様々なメーカーから製造・販売されています。
同じピアノというカテゴリであってもその仕様はメーカーごとに異なりますので、音に関しての対策を取る際は、そのピアノの仕様にあったものを行わなければなりません。
アコースティックピアノ用の弱音システム・ナイトーンは、そのピアノに合わせたオーダーメード方式で制作・設置を行っておりますので、どのピアノであってもムラのない、確実性のあるの弱音効果が得られます。

2018.10.19

防音室はその名の示すとおり、ピアノの防音対策の中では段違いに効果的です。
しかしながら、設置のためには相当の費用がかかりますし、お住まいの形式によっては設置工事自体が適わない場合もございます。
防音室よりもお手頃な価格で、それに匹敵するほどの高い弱音効果を得られる対策をお求めの際は、TAGAMI-PIANO TUNEのご案内するナイトーンをご利用下さい。

2018.10.17

従来のアナログピアノ用サイレント装置は、ピアノにネジ止め用の穴を開けたりするような加工が必要不可欠でした。
ナイトーンは、そのような、言ってしまえばピアノを傷つけるような加工を行わなくとも設置ができる上、アナログピアノの音の持つさまざまな魅力を活かしたまま、その音量だけを落とすことができるシステムとなっております。

2018.10.12

アップライトピアノはグランドピアノよりもコンパクトなサイズなため、ご家庭やさまざまな教室といった、さまざまな場所に導入されています。
アナログピアノ用超弱音システム「ナイトーン」のひとつであるナイトーンUPは、アップライトピアノに対応したものとなっております。
弱音の元となる独立多層フェルトとピアノ本来のタッチを損ねないタッチ可変ユニットをお客様がお手持ちのアップライトピアノに合わせて設置が可能です。 グランドピアノもお取り扱いがございますのでまずはお気軽にお問い合わせ下さいませ♪

2018.10.10

アコースティックピアノ用の超弱音システム「ナイトーン」の持つ質の高い弱音性は、ピアニストや調律師といった、ピアノに深く関わる方からも高い評価をいただいております。
今ご覧のウェブサイトの中には音の大きさを測定した動画もございますし、ご希望のお客様にはナイトーンを設置したピアノの試し弾きもご案内しておりますので、お気軽にご利用くださいませ。

2018.10.05

ナイトーンは、弱音効果を得ることができる独立多層式フェルトと、それを取り付けることで生じてしまった若干のタッチの変化を、本来のピアノと比較しても遜色ないレベルをキープするタッチ可変ユニットで構成されております。
独立多層式フェルトだけを取り付けられたお客様には、タッチ可変ユニットの後付作業も行っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

2018.10.03

生ピアノの音は繊細で軽やかなイメージがありますが、音の大きさで言えば走行中の電車の車内に匹敵する、約80dbほどの大きさが発生しています。
この大きさでは、夜間や住宅密集地での演奏は難しい面があります。
この音の問題をたちどころに解決できるのが、生ピアノ用の弱音システム「ナイトーン」です。

2018.09.28

「ナイトーン」が多くのお客様からご利用いただいている理由のひとつが、決まったメーカーのピアノにしか取り付けられない、あるいは決まったメーカーのピアノには取り付けられない、といった、お客様を選ぶような縛りを設けていない、という点です。
オーダーメイドで、お客様がお持ちのピアノにしっかりと設置できるものを制作いたしますので、まずは一度ご相談くださいませ。

2018.09.26

サイレントユニットは、アナログピアノに行う防音方法のひとつとして知られています。
サイレントの名の通り防音対策としては申し分ありませんが、聞こえる音は電子化されてしまうので、アナログピアノの音が持つ表情や魅力が削がれてしまいます。
アナログピアノ用超弱音システムナイトーンは、電子音ではない、生の音をお楽しみいただきながら演奏ができる防音方法です。

2018.09.21

ピアノを夜間に演奏するにあたっては、音への気配りが何よりも重要です。
TAGAMI-PIANO TUNEのナイトーンは、数値上でもはっきりと感じ取れる、確実性の高い防音対策です。
音の大きさを和らげつつ、音の響きや音色などはそのままを感じ取ることができる画期的なシステム・ナイトーンをぜひご利用下さい。

2018.09.18

ナイトーンの弱音効果は、数値にも顕著に現れるほどの高い効果がございます。
その効果の秘訣が、ナイトーン独自の独立多層型フェルトです。
フェルトは本来1枚式のものですが、これを多層化することにより、より高い弱音効果を得ることができます。
また、フェルトがハンマーごとに独立されているため、音の濁りも発生しません。

2018.09.13

TAGAMI-PIANO TUNEのご案内する生ピアノ用超弱音システム・ナイトーンは、アップライトピアノとグランドピアノの両方に設置が可能です。
また、完全オーダーメイドで制作しておりますので、それぞれのメーカーや、メーカーごとの異なる機種への対応も可能です。

2018.09.11

ご自宅でピアノを演奏される際に気になるポイントのひとつである防音対策。
日用品などを用いたお手軽な対策もございますが、確実性の面では今一歩な点がございます。
確実性が高く、なおかつお求めやすい施工費用での対策をお考えの際は、ぜひナイトーンをご利用下さい。

2018.09.06

特別な対策を行っていないピアノからどれくらいの音が出ているのかを把握しておくのは、ピアノの防音対策についてお考えになる際にとても大切なことです。 通常のピアノからは、大きさにして約80デシベルの音が発生しています。
ナイトーンを設置することにより、これが約60デシベル、ピアノの演奏の得意な方であれば約50デシベルまで音の大きさを弱めることができます。

2018.09.04

ピアノは定期的にメンテナンスを行うことにより、長年に渡って演奏をお楽しみいただける楽器です。
中には長い時代を持ち主のご家族の皆様と一緒に過ごしてこられた、まるで宝物のようなピアノもございます。
ナイトーンは、そんな大切な、宝物のようなピアノに取り付ける際も、ピアノにキズをつけるような加工は一切行うことなく設置することができます。
ご不明な点や気になるところがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

2018.08.30

生ピアノをアパートやマンション、あるいは住宅密集地の住居などで演奏される際は、音や振動に対して気を配り、対策をとる必要があります。
音に関する対策のことなら、超弱音システム・ナイトーンをご利用下さい。
ナイトーンはアップライトピアノにもグランドピアノにも取り付けられますので、ご利用のピアノをお確かめの上、お気軽にお尋ね下さい。

2018.08.28

アナログピアノには、電子ピアノでは出すことのできない様々な音の魅力がございます。
しかし、音量の調節ができない分深夜帯での演奏がしにくい、という面がございます。
ナイトーンは、アナログピアノの音の魅力を最大限に生かしたまま、その大きな音だけを減少させることができます。
ナイトーンを設置し、心行くまでピアノ演奏をお楽しみいただければと思います。

2018.08.24

ピアノ、とひとくちに言っても、国内外に様々な楽器メーカーがあり、さらに、たとえ同じメーカーのピアノでも内部のつくりはそれぞれの製品によって異なります。
数多あるピアノへの施工に対応できるよう、ナイトーンはオーダーメード方式を取り入れております。
確実性の高い防音対策をお考えの際は、お気軽にご相談下さい。

2018.08.22

ピアノの防音方法のひとつとして知られる防音室ですが、防音室は精度を高めようとすればするほど、施工にかかる金額がかさむというデメリットがございます。
ナイトーンは、精度に比例して負担の大きくなる防音室よりもお手頃な価格で施工ができ、なおかつ高い弱音効果をお約束できます。
設置費用につきましては、ご覧のウェブサイトにてご確認いただけます。
ご不明な点があればお気軽にお問い合わせくださいませ。

2018.08.09

ナイトーンの持つ特徴のひとつが、タッチ可変ユニットです。
電子ピアノの演奏では感じることの難しいアコースティックピアノの弾き応えを生かしながら、かつ弱音対策も余念なく行うことができるのは、ひとえにこのタッチ可変ユニットの効果があってこそです。
弱音効果とピアノを演奏する際の楽しさ、いずれも大切にされたい、という方は、ぜひナイトーンをご利用ください。

2018.08.07

繊細さとダイナミックさを併せ持った音を出せるのが、アナログピアノの最大の魅力です。
しかしときにこのダイナミックさは、周りの方への迷惑の元となってしまう恐れがございます。
ナイトーンを設置したアナログピアノは、音の持つ魅力を生かしながらも、時には「騒音」と揶揄されがちな大きな音を抑え、たとえ夜でも快適に演奏できるようになります。

2018.08.03

「ピアノ」とひとくちに言っても、製造したメーカーや機種、製造年などで設計や寸法が異なることは少なくありません。
完全オーダーメード方式で製作される超弱音システム「ナイトーン」は、どのようなピアノにも対応が可能となっております。
夜間での演奏や、集合住宅での演奏など、さまざまな制限のある環境下での演奏をお考えの際は、ぜひご利用ください。

2018.08.01

夜間にピアノ演奏を楽しまれたい、とお考えの方が利用されるアイテムのひとつに電子ピアノがございます。
電子ピアノには音量の増減が可能という利点がありますが、普段から生ピアノに慣れ親しんでいる方ですと、その弾き応えにしっくりこられない、という意見も多く耳にいたします。
ナイトーンは、生ピアノの弾き応えやタッチの感覚を生かしたまま、音量だけを減衰できる装置です。ぜひご利用ください。

2018.07.26

人が普段の生活において声を発する時は、置かれた環境によって無意識に声の大きさを変えて発声します。
ナイトーンは、夜間帯や集合住宅などでの演奏に適した、小さな音での演奏が可能となります。
限られた環境下でしかピアノの演奏をお楽しみいただけない、とお悩みの際は、是非ご利用ください。

2018.07.24

ピアノの中には、新品のものはもちろんのこと、ご家庭に脈々と受け継がれてきた、歴史のあるものもございます。
ナイトーンは、その設置のために穴を開口したり、ビスやネジを打ち込んだりといった、大切なピアノに傷をつけるような作業は一切行いません。
大切なピアノにそのままの形で行える防音対策であるナイトーンを是非ご利用ください。

2018.07.20

ピアノ演奏を嗜まれる方は年代やお仕事なども異なり、中には夜間のみしか演奏ができないという方もいらっしゃいます。
夜間も思う存分ピアノの演奏を楽しみたい、とお考えの際は、アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンをご利用ください。
音は小さく、減衰やタッチはそのままに演奏をご満喫いただけます。

2018.07.18

独立多層フェルトとタッチ可変ユニットによって構成されるナイトーンは、効果的な弱音対策が可能となっております。
当ウェブサイト内には、実際の音の大きさなどを計測したものや、タッチ可変ユニットの動作を映したものなど、さまざまな動画を掲載しております。
また、実際に弾き応えを感じてみたい、という方のために、高輪のショールームで試弾も受け付けております。お気軽にご相談ください。

2018.07.12

大事なコンクールを控え、寝る間を惜しんでピアノを練習したいという方にナイトーンはおすすめです。
独立・多層式のフェルトが、それぞれのハンマーの衝撃を吸収し、高い弱音性を発揮する一方、音の濁りを引き起こすことなく、美しい音色を奏でる事ができます。
ここにタッチ可変ユニットが組み込まれる事で、ピアノのタッチを変化させる事なく、100%のポテンシャルでピアノの演奏を行う事ができます。

2018.07.10

マットにカーテン、防音壁など、ピアノの防音には様々な対策用のアイテムが販売・流通しております。
「様々な対策を試してみたけど効果がいまひとつ……」そんな時には、私どもタガミピアノチューンアナログピアノ用超弱音システム『NighTONE(ナイトーン)』をご利用ください。
ピアノそのものに施される対策で、その名の通り夜でも弾ける状態をお約束いたします。

2018.07.06

アナログピアノを演奏したいが、集合住宅にお住まいで時間を問わず演奏しづらい、という方にもナイトーンはおすすめです。
その名の通り夜でもピアノ演奏を楽しめるほどのボリュームに低減させつつ、アナログピアノ特有の音の響きや深みを活かしたままの演奏が可能です。

2018.07.04

ピアノの音というのは、演奏されている方が思っているよりも大きな音が出ている事がございます。
例えば、一切防音対策を行っていないピアノの場合は約80dbという、走る電車の車内に相当する音量が出ております。
ナイトーンを設置する事により、この音が約60dbまで軽減され、夜間でも演奏できるようになります。

2018.06.28

音量を調節できるデジタルピアノや、ヘッドホンを装着しながら演奏する事ができるサイレントピアノは、夜間でのピアノ演奏の際に多く用いられています。
ナイトーンは、皆様が今お使いの生ピアノに設置していただく事で、ボリュームを抑えながら、なおかつ音の響きや深みを生かした演奏が可能となり、電子ピアノを用いなくとも夜間に演奏をお楽しみいただます。

2018.06.26

アナログピアノには、コンサートホールや学校などに設置される事が多いグランドピアノと、比較的なコンパクトなサイズで、ご家庭などにも導入されているアップライトピアノの2種類がございます。
私どもタガミピアノチューンのご案内する『ナイトーン』はいずれの様式にも対応できますので、ご利用をご検討の際はお気軽にご相談くださいませ。

2018.06.21

ピアノの演奏が好きな方なら一度は「夜でも演奏してみたい!」とお考えになったことがあるのではないでしょうか。
私どもTAGAMI-PIANO TUNEがご案内する『ナイトーン』をお使いのピアノに設置いただければ、たちどころに音量が抑えられ、夜でも美しいアナログピアノの音色をお楽しみいただくことができます。

2018.06.19

電子ピアノは、アコースティックピアノと異なり加工を施さずとも、音を小さく設定したり、ヘッドホンを装着することによって、夜間や賃貸住宅などでもピアノの演奏が可能です。
しかし、その表現力はアコースティックピアノにはどうしても適わないものがございます。
卓越した表現力を持つアコースティックピアノを限られた条件下でも演奏したい、そんな時はナイトーンをご利用ください。

2018.06.14

ピアノの音量が元で起こるトラブルというものは、どこでも起こりうる可能性があります。
ナイトーンをお使いのピアノに設置いただくことで、ピアノを演奏される方はもちろん、ご近所にお住まいの方も、快適な環境でお過ごしいただけることでしょう。
ナイトーンの弱音効果は数値にも表れており、当ウェブサイトには、実際の演奏の様子を収めた動画もアップロードしておりますので、そちらも併せてご覧くださいませ。

2018.06.12

私どもTAGAMI-PIANO TUNEのご案内するナイトーンは、世界初のピアノ用アナログ式超弱音システムです。
ピアノの音色は、美しさや激しさ、悲しみ、楽しさなど、演奏に応じて様々な表情を見せられる一方、その音量は、時にトラブルの元となる恐れがありました。
ナイトーンをピアノに設置いただくことで、豊かな表情はそのままに、音量を減退させることが可能となります。是非ご利用ください。

2018.06.07

人間が発する声の大きさにそれぞれ個人差があるように、ピアノを演奏する際に発せられる音の大きさにも個人差が存在します。
ナイトーンはアナログピアノの音量を低減させる効果を備えておりますが、演奏される方の力量によっては、想定以上の音量の低減が可能となっております。
夜間でも心置きなくピアノ演奏をお楽しみになりたいピアノ愛好家の皆様、ナイトーンを是非ご利用ください。

2018.06.05

電子ピアノはボリュームの上げ下げやヘッドホンを装着しての演奏ができるため、手軽に防音対策ができる反面、流れる音は当然のごとく電子音です。
ナイトーンは、アコースティックピアノに直接設置するため、アコースティックピアノ特有の深みのある音や、弾き応えをそのままに感じていただくことが可能です。

2018.06.01

ナイトーンは、アナログピアノの持つ音色や音の深みを生かし、かつその繊細なタッチをそのまま表現しながら、気になる音量だけを小さくすることができる、という特徴をもつ、画期的なシステムを有しております。
多くのピアノ愛好家の皆様からご好評のお声をいただいているナイトーンを、ぜひご利用ください。

2018.05.30

ピアノの音は、空気を伝播する音と個体の振動によって発生する音の2種類があり、一般的には背面パネルなどを設置して階下のお部屋や近隣への音を防いだり、あるいはお部屋の窓を二重にしたり、ピアノの設置位置を壁から離すといった対策が挙げられます。
ナイトーンは、弦から発せられる振動エネルギーを根本から小さくしますので、たとえ夜でも安心してピアノの演奏がお楽しみいただけます。

2018.05.25

ピアノを演奏するにあたって気を配らなければいけないものが、音と振動です。
振動は吸振マット等で対策を講じることができます。
音への対策のことならナイトーンにお任せください。
ピアノの音が持つ音の美しさや魅力を損ねることなく、ボリュームだけを抑えることができる、質の高い対策が可能です。

2018.05.23

ピアノの音の大きさは、走行中の電車の車内の音に相当する約80デシベルにもなります。
ナイトーンを設置することにより、約80デシベルの音を約60デシベルまで低減させることができます。
また、ピアノの演奏の得意な方が演奏することによって、より音を低減させることも可能となっております。

2018.05.22

ご自宅のテレビをつける感覚でピアノを弾きませんか? ☆NighTONE☆はリビングで弾いてもご家族のくつろぎを妨げません。程良いBGMとなり皆様の生活がワンランク上質なものとなることでしょう。

2018.05.17

生ピアノは美しく繊細な音色を奏でる反面、その音量は大きく、集合住宅やお隣の家との距離が近いお家では思い切り演奏をお楽しみいただくのが難しいというデメリットがございます。
弱音システム『ナイトーン』は、お使いのピアノに設置していただくだけで、その音量を夜でもピアノ演奏がお楽しみいただけるほどに低減することができます。

2018.05.15

ピアノ、と一口に言っても様々な種類が存在し、アップライトピアノとグランドピアノがあり、それぞれにサイレント付きモデルや自動演奏モデル、コンパクトモデル等ございます。
ナイトーンは完全オーダーメイドにより、そのいずれにも対応できるよう、それぞれのピアノに合わせたご案内が可能となっております。
当HPにパンフレットをご用意しておりますので、設置をご検討の際はそちらも併せてご覧くださいませ。

2018.05.13

ピアノ用超弱音装置「ナイトーン」はただの防音対策の製品ではありません。 ピアノの音色をしっかり感じたい、繊細なタッチの練習を積み重ねたい方にもおすすめの製品です。
実際、アップライトピアノであっても狭いマンションの一室で小一時間ほど弾き続けると耳が疲れてしまうことも。
ナイトーンは音色や響きはそのままで心地よい音量になりますので耳を澄ましながら、じっくり自分の奏でた音色を聴いて頂けます。

2018.05.11

アナログピアノ用超弱音システム「ナイトーン」は、設置の際には穴開けやねじ止めなどは行いません。
そのため、大切なピアノに余計な傷をつけることなくご利用いただくことが出来ますので、安心してご注文ください。
ご不明な点などがあれば、ご覧のホームページからお気軽にお問い合わせくださいませ。

2018.05.09

ピアノへの防音対策を施すときに気になるのが、対策を施したことによって音に濁りが生じてしまったり、ピアノのタッチが変化してしまったりする、という点です。
ナイトーンは、独立多層フェルトとタッチ可変ユニットを用いておりますので、こういった問題点を解消しながら防音対策を施すことが出来るのです。

2018.04.27

ネット通販の発達などから、防音シートなど、手軽にできる防音対策グッズというものは以前よりもずっと手に入れやすくなりました。
しかし、手軽にできる対策というのは、確実性に欠けるというウィークポイントを秘めていることがございます。
しっかりと対策を講じたいとお考えでしたら、アナログピアノ用超弱音システム・ナイトーンをご利用ください。

2018.04.25

カワイ、ヤマハ、ローランド、国内外を問わず、ピアノは様々なメーカーから発売されています。
メーカーが変わればピアノ自体の仕様も異なってくるため、どういった防音施策を取るべきなのかわからない、という愛好家の方のご意見も少なくありません。
ナイトーンは、オーダーメード方式で制作しておりますので、どのメーカーのピアノであってもピッタリの状態で設置することが可能です。

2018.04.20

ピアノの防音対策に一番効果的なのは防音室の設置と言われておりますが、お費用の面や、設置のための工事の面などから、そう簡単にお選びいただける選択肢ではありません。
防音室よりも手軽で、かつリーズナブルな防音対策をお探しであれば、アナログピアノに直接設置するナイトーンのご利用をご検討ください。

2018.04.17

ナイトーンはピアノそのものに設置する弱音システムですが、従来のサイレント装置のようにピアノ自体に穴あけをしたりビス止めをしたりするような、不必要な工事の類は一切行いません。
ご家庭で大切にされているピアノを、そのままの形のまま弱音することができる、それがナイトーンの強みなのです。

2018.04.13

アップライトピアノ用のナイトーンUPには、ライトモデルとプロフェッショナルモデルがございます。
ライトモデルはフェルトユニットのみの製作を行い、プロフェッショナルモデルは更にタッチ可変ユニットを搭載致します。
お客様のご要望に応じてオーダーメードで製作いたしますので、ピアノの防音対策をお考えの際はお気軽にお問い合わせください。

2018.04.10

生ピアノ専用の超弱音システム・ナイトーンはその確かな弱音性から、ご利用いただいたお客様からはもちろんのこと、専門家の皆様からも絶賛のお声をいただいております。
また、実際に弾いて確かめてみたい、とお考えのお客様向けに、高輪のショールームでの試弾も可能です。
試弾はご予約制となっておりますので、まずは一度お問い合わせください。

2018.04.05

ピアノ自体に防音対策を施したことで、音に関するトラブルからは脱却できたがピアノのタッチが変わってしまい、弾く楽しみが減ってしまった、とお悩みになる方は少なくありません。
ナイトーンの特長のひとつであるタッチ可変システムは、本来のタッチを100%保った形で演奏をお楽しみいただくことができます。

2018.04.03

アナログピアノの音は、走行する電車の車内に匹敵する音の大きさが発生します。
日中ならともかく、これでは夜間に演奏をお楽しみいただくのは不可能といって良いでしょう。
こういった音の問題を解消することができるのが、TAGAMI-PIANO TUNEのご案内するナイトーンなのです。

2018.03.29

生ピアノの防音対策として知られるもののひとつが、サイレントユニットです。
音の対策としては申し分ないサイレントユニットですが、音が電子化されてしまうため、生ピアノ独特の音色や響き、深みが奪われてしまうという弱点があります。
ナイトーンは、サイレントユニットのデメリットである音の電子化をすることなく防音対策をピアノに施すことができます。

2018.03.27

アナログピアノ用超弱音システム『ナイトーン』は、特定のメーカーのピアノにしか取り付けられない、というような縛りは設けておりません。
ナイトーンは、お客様がお持ちのピアノに合わせたオーダーメードでの製作・設置が可能ですので、ご利用をご検討の際はお気軽にお問い合わせください。

2018.03.23

夜間でもピアノを演奏するために気を配らなければいけないのは、なんと言ってもその音への対策です。
私どもTAGAMI-PIANO TUNEがご案内しておりますナイトーンは、確実性のある防音対策として自信を持っておすすめできます。
ナイトーンは音の大きさを弱めつつも、音色や音の響きなどはそのままにお楽しみいただける、画期的なシステムです。

2018.03.21

数値にも顕著に表れるほどの高い弱音効果を誇るナイトーン。
その弱音効果の秘訣は、なんと言っても独立多層型のフェルトにございます。
本来であれば1枚式のフェルトを多層化することにより高い弱音効果を発揮いたします。
また、ハンマーごとにフェルトを独立させることによって、従来型の1枚式フェルトと異なり、音のにごりも発生しないというメリットもございます。

2018.03.16

アナログピアノ用超弱音システム「ナイトーン」は、アップライトピアノ・グランドピアノの両方に設置が可能です。
また、各種メーカーや異なる機種への対応も、オーダーメードで製作しておりますので、そのピアノにきちんと合致したものを設置いたします。

2018.03.14

ピアノをご自宅で演奏する際に誰もが気にかけるもののひとつが防音対策です。
手軽にできる方法というのもございますが、確実性に欠けるものが多いのが実情です。
確実に、かつできる限りお求めやすい価格での対策をお考えであれば、ナイトーンの設置をご検討下さい。

2018.03.09

ピアノの減音・弱音を考える際に大切なのは、無加工のピアノからどれくらいのレベルの音が発せられているかをきちんと把握することです。
通常、ピアノからは約80dbの大きさの音が発せられています。
ナイトーンを設置することにより、それを約60dbまで弱めることができます。
これを他の音にたとえるなら、走る電車の車内から日常会話まで大きさを落とすことができるのです。

2018.03.07

ピアノは、メンテナンスなどをきちんと行えば何年でも使うことができる楽器です。
そのため、ピアノが長年に渡り受け継がれてきた家宝のようなものになっている、というお家も少なくありません。
ナイトーンは、そんな大切な家財道具でもあるピアノに取り付ける場合で穴を開けたりビス止めをしたりというような、ピアノにキズをつけるようなことを一切せずに設置することが可能です。

2018.03.05

ピアノを賃貸物件や住宅密集地のお宅で演奏する際には、振動や音に対して対策を講じる必要があります。
音への対策のことなら私どもTAGAMI-PANO TUNEのナイトーンをご利用下さい。
アップライトピアノ・グランドピアノ両方に対応したものをご案内しておりますので、お手持ちのピアノのタイプをご確認の上お気軽にご相談下さいませ。

2018.03.01

アコースティックピアノは電子ピアノでは感じられない音の響きや深みがあります。
ただし、音量の調節が利かない分夜間の演奏が難しいというデメリットがございます。
ナイトーンは音の響きや深みを活かしたまま、音量だけを減少させることができ、これを設置することによりいつでも心ゆくまでピアノの演奏をお楽しみいただくことができます。

2018.02.23

夜でもピアノを演奏したい、とお考えの方は電子ピアノの導入や、アナログピアノに取り付けられるサイレント装置の設置を検討される方が少なくないと存じます。
しかし、いずれの場合も聴こえてくるのは合成された電子音です。
アナログピアノの音が持つ美しい音の響きや音色をそのまま感じたい、とお考えであれば、ぜひナイトーンをご利用下さい。

2018.02.21

ナイトーンを構成する要素のひとつが、タッチ可変ユニットです。
独立多層フェルトをつけることによって若干は生じてしまうタッチの変化を、このユニットをがあることにより100%変化なく演奏をお楽しみいただくことができます。
いずれの装置も、皆様のお持ちのピアノを傷めることなくご利用いただけます。

2018.02.15

ピアノには国内外を問わず様々なメーカーがあり、さらに言えば同じメーカーのピアノであってもその内部構造には異なる点があります。
ナイトーンはオーダーメード方式で製作・設置を行っておりますので、お客様がどのようなピアノをお持ちであっても、それに合わせたものをご用意することが可能なのです。

2018.02.13

ピアノの防音対策のために、防音室を設置しようと思っても、確実性を高めれば高めるほど、その費用は上乗せされていきます。
ナイトーンであれば、しっかりした防音室よりもぐっとお安い価格で施工でき、その弱音効果もしっかりと感じ取っていただくことができます。
設置料金についても明朗に記載しておりますので、ぜひご検討下さい。

2018.02.09

アナログピアノの効果的な弱音システムとして知られるナイトーンですが、実際にどのような効果をお感じになってから導入を検討されたい、というお声は多くございます。
そういったお声にお答えできるよう、港区高輪のショールームでナイトーンを設置したピアノを試弾することができます。ご希望の際はお気軽にお問い合わせ下さい。

2018.02.07

ナイトーンはご家庭にお持ちの生ピアノに、大掛かりな工事をすることなく設置することができる世界初の超弱音システムです。
生ピアノであれば設置可能ですので、アップライトピアノ・グランドピアノのどちらでも対応可能です。
ナイトーンを設置して、夜の帳の中で心ゆくまでピアノの演奏をお楽しみ下さい。

2018.02.01

アナログピアノの音の大きさは数値にして約80デシベルにもなり、走行中の電車の車内にも相当します。
つまり、美しいピアノの音色も弾く場所によっては騒音トラブルの引き金となりかねません。
ナイトーンは、そんなアナログピアノの音の大きさを、音の持つ深みや響きを活かしたまま小さくすることができる、ピアノ愛好家の皆様にご利用いただきたいシステムです。

2018.01.30

さまざまな事情から夜しかピアノを演奏できないピアニストの方におすすめしたいのがこのナイトーンです。
ナイトーンは弱音効果はもちろんのこと、生ピアノの持つ弾き応えを活かすことができるという強みがございます。
また、設置のための工事もピアノを傷つけることがないという、メリットの多い弱音対策なのです。

2018.01.26

防音装置などを設置してピアノの弱音化は成功したが、タッチに違和感が生じてしまい、昔のようにピアノを楽しく弾けなくなってしまった、というピアノ愛好家の方に朗報です。
ナイトーンにはタッチ可変システムという装置をご用意しております。
これと独立多層型フェルトを併せて設置いただくことでタッチには何の変化もないままピアノの音量だけを落とすことができます。

2018.01.24

アナログピアノの魅力は、なんと言ってもその音にあります。
防音・弱音対策のために電子式サイレントを組み込んでしまうと、せっかくの美しい音が電子音化されてしまい、満足に弾くことができなくなってしまいます。
弱音対策しつつ心ゆくまでアナログピアノの音を楽しみたいのなら、ナイトーンをご利用下さい。

2018.01.19

ナイトーンが高い弱音性を誇るその大きな理由のひとつが独立多層式のフェルトの存在です。
本来アナログピアノに設置されているのは一枚式のフェルトですが、これを層を重ねることで、弱音性が格段に高まるのです。
また、ハンマーごとに独立させることで、本来一枚式のフェルトを用いていたために削がれていた音の持つ魅力を保つことができるのです。

2018.01.17

生ピアノの音の大きさは約80dbほど出ます。これは電車の車内の音に相当します。
この生ピアノにナイトーンを設置することにより、音の大きさが約60dbほどまで減少します。
約60dbは日常会話で出るレベルの音に相当します。
その差はまさに歴然といえるでしょう。

2018.01.12

ピアノ、とひとくちに言ってもカワイやヤマハといったメーカーがありますし、同じメーカーのピアノであっても内部の設計や寸法には細かな違いが生じます。
ナイトーンはオーダーメード方式を採用しておりますので、ピアノそれぞれに対応できるような形での製作が可能となっております。

2018.01.10

ピアノの持つ魅力のひとつがその音です。
弾き方によって様々な表情を見せるその音は、ピアノにとっての武器といっても過言ではありません。
ですが、その音は時に騒音として捉えられてしまうことがあります。
ナイトーンは、そんなピアノの音の音量だけを抑え、音の持つ響きや深みを保ったまま演奏することができる、アナログピアノ用の弱音システムです。

2018.01.09

先日、フランスで活動されているピアニストの方からナイトーンのお問い合わせを頂きました。海外への納品にはクリアすべき課題が沢山ありますが、世界中のピアノ弾きの方に貢献できればまさに職人冥利に尽きるなぁ、と感じた一件でした♪

2018.01.05

ピアノを夜間に練習する場合、デジタルピアノやサイレントピアノで練習するという方法がありますが、ピアノの通常のタッチに影響を与えずに練習できるシステムは、世界でナイトーンだけです。
タッチに全く変化がありませんので、コンクール出場の方やプロのピアニストの方々にも、喜ばれてご愛用頂いております♪

2017.12.22

繁華街でもない限り、夜は静かなもの、という認識があります。
そのため、本来はピアノのような楽器を演奏することはためらわれるものです。
しかし、様々な事情から夜でないとピアノ演奏をお楽しみいただけない、という方は少なからずいらっしゃいます。
ナイトーンは、そんな皆様にとって心強い味方となる、アナログピアノ用超弱音システムです。

2017.12.20

ピアノの防音対策を施したいけれど、大切にしているピアノにキズが付かないか心配…
そんな心配も、ナイトーンであればご無用です。
ナイトーンの設置は、ピアノに不要な穴あけやビス・ねじなどを打ち込むこともなく行うことができますので、大切なピアノを、いつまでも美しいまま、その大きな音だけを抑えて演奏をお楽しみいただけます。

2017.12.15

ナイトーンは、世界初のアナログ式超弱音システムです。
美しく、様々な表情を見せるピアノの音色ですが、一方でその音の大きさは、誰にとっても望ましくないトラブルの温床となる恐れがあります。
お手持ちのピアノにナイトーンを設置して頂くことで、そういった音のトラブルを元から絶つことが可能となるのです。

2017.12.13

ピアノの音が元になるトラブルは、枚挙に暇がありません。
ナイトーンをご利用いただくことにより、ピアノを弾く方も、ご近所の皆様も、快適な状況でお過ごしいただくことが可能となります。
港区高輪のショールームでは、ナイトーンを設置したピアノを指弾することができます。
導入をご検討の際は、ぜひ一度お試し下さいませ。

2017.12.11

ピアノ用アナログ式超弱音システムをナイトーンといいます。
ナイトーンはピアノ内部を傷つけることなく、夜でも弾けるような音量にモード切替をしてくれます。
防音の気になる夜中の練習の心強い味方です。

2017.12.8

ピアノ演奏をご自宅で行う際には、振動と音、二つのことに気を配る必要があります。
音に関しての対策ならばやはりナイトーンがおすすめです。
ナイトーンは、独立型・多層式のフェルトを設置することで音を弱音化します。
また、タッチ可変ユニットを用いることでピアノのタッチも損なわずに演奏をお楽しみいただけます。

2017.12.5

お仕事や学校の都合上、大好きなピアノ演奏も夜でないと楽しめない、とお嘆きの皆様に朗報です。
弱音装置ナイトーンを設置して頂くことにより、夜でも楽しくピアノ演奏をお楽しみいただけるようになります。
また、ナイトーンは消音ユニットと違い、ピアノそのものの音をお楽しみいただけるため、音色にこだわる方でも納得のいく弾きごたえがございます。

2017.12.4

ピアノの繊細な表現の練習におすすめなのがナイトーン。夜の静かな部屋で五感を研ぎ澄まして弾いてみて下さい。
アコースティックピアノの音色とタッチのまま音量のみ小さくなるため、想像以上の豊かな音を感じることができます。
試弾のご予約も承っております。従来のサイレントピアノや電子ピアノとの違いを実感して下さい。

2017.12.2

ピアノの騒音を懸念して電子ピアノを購入する、という選択肢がそう少なくない現在の住宅事情。マンション等では仕方のない選択ともいえますが、実際のレッスンや発表会で使う生ピアノとのギャップという悩みがつきものです。ナイトーンならアコースティックのタッチ、音色のまま、音量のみ小さくさせることが可能です。実験データもございますので是非ご参考になさってください。

2017.12.1

ピアノをお家で弾く時に最も重要となるもののひとつが、防音対策です。
本格的な対策としては防音室の設置が望ましいのですが、周りにお住まいの方などに許可を取るのが難しいということが殆どです。
ナイトーンは、大掛かりな工事を行うことなく、ピアノに設置するだけで高い水準の弱音対策を図ることができます。ぜひご利用下さい。

2017.11.29

夜間でもピアノを弾きたい時は、ナイトーンをご利用下さい。
ピアノに穴あけ加工のような傷をつけない設計になっておりますので、ご家庭で長年大切にされてきたピアノであっても、安心してお取り付けいただけます。
凛とした冬の長い夜に良く似合う、美しいピアノの音色を奏でましょう。

2017.11.24

通常、ピアノにサイレントのような外付けのシステムを設置すると、ピアノ独特のタッチの繊細さが薄れてしまうことがあります。
ナイトーンはタッチ可変ユニットを一緒に設置することにより、ピアノの音だけを弱音化し、タッチを生かしたまま演奏することができます。

2017.11.22

ピアノというものは頑健な見た目に反して、実に繊細なつくりになっております。見た目は似ていても、メーカーや機種が違えば内部の設計や寸法は異なります。
ナイトーンは、そんな細かな違いをもつピアノに対応できるよう、すべてをオーダーメイドで制作しております。
それぞれのピアノに合わせた正確なものをご用意することで、より高い弱音性をお約束できます。

2017.11.20

昼はアコースティックピアノ、夜はキーボードで練習をしている方におすすめしたいナイトーン。
タッチはアコースティックのままで音量は屋内での話し声と変わらぬ音量まで抑えられますので、ご近所やご家族に配慮しながらご自身のピアノライフも充実させられます。マンションタイプのショールームでの試弾で是非、ご自宅でのイメージをしてみて下さい。

2017.11.16

クラシックからジャズ、ポップスまで、幅広いジャンルの音楽を演奏できる素敵な楽器・ピアノ。ですが、このピアノから出る美しい音は時間や場所によっては騒音トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。そういったトラブルを未然に防ぐためにも、ぜひナイトーンをご利用下さい。ナイトーンは、アナログピアノの音量だけを落とすことができる、画期的な装置です。

2017.11.14

ピアノの防音対策に防音室を!と思い立っても、リフォームの費用や工事に際してのご家族・ご近所の方の了解など、超えなければいけないハードルは何重にもあります。ナイトーンなら、お手持ちのピアノに設置するだけで瞬く間にピアノの防音対策が可能となります。しかも設置に穴あけのようなピアノを傷める加工は一切ありませんので、安心してご利用いただけます。

2017.11.13

ピアノを練習する際、苦手なフレーズを何度も繰り返し弾くことがあるかと思います。寧ろ、その地道な練習なしにテクニックや表現力の向上はないのではないでしょうか。しかし、周りとしてはやはり完成された曲を聴きたいもの。響きや音質がそのままのナイトーンなら、練習は小さな音で、曲が仕上がったら通常の音量に戻して弾いても違和感がありません。小さな音でもイメージ通りに表現できるのは、ナイトーンだけです。

2017.11.10

夜遅くでもピアノを弾きたいけれど、マンションやアパートにお住まいのため、ご近所の方のことを考えると練習は難しい…
そんな方にご利用いただきたいのが、アナログピアノ用超弱音システム「ナイトーン」です。
ナイトーンは、音のレベルにして人間の会話程度の音量に減音することができるため、好きな時間にピアノをお楽しみいただくことができます。

2017.11.9

ナイトーンは、アコースティックピアノの良さをそのままに音量のみ減衰させる弱音システムです。夜、仕事から帰ってアコースティックそのものの音でピアノを奏でる。。従来の製品では考えられなかったことをナイトーンは可能にしました。ナイトーンはあなたのライフスタイルをより彩りあるものに変えます♪

2017.11.8

お手持ちのアコースティックピアノにナイトーンを設置すれば、夜間や集合住宅にお住まいでも、周りに気を使うことなく、心行くまでピアノを演奏することができます。
趣味で演奏される方でも、本格的に演奏される方でも、どちらの方にとってもお役に立つシステムです。

2017.11.2

「ピアノの防音対策にナイトーンを用いてみたいが、多層式のフェルトを使うとピアノのタッチが変わってしまうのではないか」
そんなお声にもきちんと対応できるのがナイトーンの強みです。
独立多層フェルトと一緒にタッチ可変ユニットを設置していただければ、弱音効果はそのままに、ピアノ本来のタッチを100%生かした形で演奏することが可能です。

2017.10.31

ナイトーンの弱音性能は数値でも明らかになっております。
一切防音措置をとっていないアコースティックピアノの場合、その音は約80dbほどになりますが、ナイトーンを設置することにより約60dbまで低減されます。
さらに、ピアノ上級者の方がナイトーンを設置したピアノで演奏した場合は約50dbまでボリュームを落とすことができます。

2017.10.30

なぜか寝る前、無性に『あぁ、どうしてもこの曲のこの部分を練習しておきたい!』という時、ありませんか?アコースティックピアノでもナイトーンモードにしておけば、それができるのです♪もちろん、ワンタッチでアコースティックモードに戻せば日中の練習で豊かな音色を奏でることもできます。
グランドピアノ用もございます。

2017.10.26

アップライトピアノやグランドピアノなど、いわゆる生ピアノを、夜間でも思い切り弾いてみたい、とお考えの際には、アナログピアノ用超弱音システム「ナイトーン」をご利用下さい。
これさえピアノに設置すれば、大掛かりな防音室の設置の検討も、妥協策として電子ピアノなどを導入いただく必要も一切ございません。
充実したピアノ演奏をお楽しみいただけます。

2017.10.24

ピアノを嗜まれる方の中には、お仕事・学業などの都合上、「夜しか演奏できない」という方が少なからずいらっしゃいます。
ピアノに取り付けるだけでその音だけを弱め、時間にかかわらず演奏をお楽しみいただける超弱音システム・ナイトーンは、そういったお悩みをお持ちのピアノ愛好家の皆様にとって、きっとお役に立てるものと存じます。

2017.10.23

ナイトーンの魅力…体感音量10分の1以下とも謂われるその弱音効果はもちろんのこと、弱音した後にも損なわれないそのままのタッチ感や音色の豊かさではないでしょうか。静かな部屋でのナイトーンピアノレッスンは、これまで以上に貴方の耳や指先の感覚を研ぎ澄ましてくれることでしょう。アコースティック感…というととても簡単に聞こえてしまうかもしれませんが、他のサイレントとの違いを試弾(要予約)で体感して頂けたらと思います。

2017.10.19

ナイトーンは、ピアノを習いたてのお子様から、コンクールでの活躍やプロの演奏家を目指す若い世代の方、そして第二の人生の幕開けに新たな趣味としてピアノを始めた中高年の方と、実に幅広い世代の皆様からご愛好いただいております。
確かな弱音性と音の響き・音色の両立を図れるナイトーン、ぜひご利用下さい。

2017.10.18

ナイトーンは、忙しいピアノ弾きの方の『今、弾きたい!』を叶えてくれるピアノ弱音装置です。お手持ちのピアノを傷つけることなく、電子部品も使わず“昼夜問わず弾けるピアノ”にリニューアル致します♪

2017.10.17

ナイトーンは、特殊加工の多層型フェルトをアナログピアノのハンマー一本一本に対応するような形で製作しております。
集合住宅などでピアノを演奏する際の防音対策をご検討の際はお気軽にお問い合わせ下さい。
また、ご予約制ではありますが港区高輪のショールームにてナイトーンを設置したピアノの試弾もできますので、こちらもぜひご利用下さい。

2017.10.13

アナログピアノ用超弱音システム「ナイトーン」は、ピアノの騒音トラブルを未然に回避するためにとても使い勝手の良いものとして、多数のユーザー様から支持を集めております。
ナイトーンを設置し、夜でも、集合住宅の中でも、お好きなだけ演奏をお楽しみ下さい。

2017.10.11

お手持ちのアコースティックピアノにナイトーンを設置すれば、たとえ夜間でも、ピアノ特有の音の大きさに悩まされることなく、心ゆくまで演奏をお楽しみいただけます。
ピアノを嗜まれる全ての皆様にとって、大きな助けとなることでしょう。

2017.10.05

ナイトーンの高い弱音性は数値でも証明されています。
通常ピアノの音は約80デシベルほどあり、電車の車内に相当する大きさです。
この大きな音がナイトーンを設置することによって約60デシベルまで低減致します。
これは通常レベルの会話と相違ない程度の音の大きさになるため、その差は歴然といえるでしょう。

2017.10.03

ナイトーンは世界初のピアノ用アナログ式超弱音システムです。
大掛かりな防音室の設置や、重くかさばる防音カーテンなど、用意するのにも手間やコストがかかる従来の防音対策と一線を画す、ピアノそのものの音の大きさを、響きや音色を変えることなく抑えることができる装置です。

2017.09.29

ナイトーンはピアノ用アナログ式超弱音システムです。
アップライトピアノには弱音のため一枚型のフェルトが設置されていますが、ナイトーンはそのフェルトを一音ずつ独立させ、更に多層構造にすることで、大きな弱音効果を発揮致します。
また、ナイトーンはこれらの画期的なシステムをお手持ちのピアノを傷つけることなく設置が可能です。

2017.09.27

ピアノの防音対策でお悩みの演奏家の皆様にご利用いただきたいのがナイトーンです。
その音の大きさから夜間や集合住宅で弾くことを憚られたピアノを、音色や響きはそのままに、音量だけを弱め、思う存分演奏をお楽しみいただくことができるシステムです。
本物志向のピアノ愛好家の皆様、ぜひご利用下さい。

2017.09.22

ピアノの防音対策でお悩みの演奏家の皆様にご利用いただきたいのがナイトーンです。その音の大きさから夜間や集合住宅で弾くことを憚られたピアノを、音色や響きはそのままに、音量だけを弱め、思う存分演奏をお楽しみいただくことができるシステムです。本物志向のピアノ愛好家の皆様、ぜひご利用下さい。

2017.09.20

夜でもピアノを弾きたいとき、音量を調節できる電子ピアノは一見便利ですが、こだわりのある愛好家の方からすると、アナログピアノの持つ音の深みを出すのは難しいものです。
そんな愛好家の皆様にご利用いただきたいのがナイトーンです。
アナログピアノの持つ音の良さをそのままに、音量だけを弱めることができるのです。

2017.09.15

アナログピアノ用超弱音システム「ナイトーン」には様々な特長がございます。
その中のひとつが、独立多層フェルトによる高い弱音性を発揮できる、という点です。
従来のフェルトをハンマー一つ一つに対応するように分離・独立させ、更にそれを多層構造にすることにより、ピアノの音がもつ美しさを濁らせることなく、なおかつ高い弱音性を実現することができました。

2017.09.14

生ピアノと一口に言っても、グランドピアノとアップライトピアノでは、構造や音の響きに違いがあります。
ナイトーンはグランドピアノ版とアップライトピアノ版、それぞれをご用意しておりますので、どちらのピアノをお使いの方にでもご利用いただけます。
当HPにはそれぞれの製品のパンフレットをPDFでご用意しておりますので、まずはご覧下さい。

2017.09.08

アパートなどの賃貸物件にお住まいで、お隣や階下・階上にお住まいの住民の方に気兼ねして、ピアノを思い切り弾くことができない、そんなお悩みもナイトーンならたちどころに解決できます。
生ピアノの持つ独自の音の響きを生かしたまま、音だけを小さくすることができますので、どんなお部屋でも心行くまでピアノの演奏をお楽しみいただけます。

2017.09.07

ヘッドホンなどを使わず夜でもピアノを弾きたいというピアノ愛好家の方にご利用いただきたいのが、ピアノ用アナログ式超弱音システム「NighTONE(ナイトーン)」です。
お手持ちのピアノに合わせたオーダーメードで制作しておりますので、より品質の高い弱音性をご提供できます。

2017.08.31

今よりももっとうまくピアノを弾けるようになりたい、と考えているピアノ愛好家の方は多いかと思います。
そのために必要なのが日々の弛まぬ練習ですが、日中は学業や本業のお仕事などで時間が取れず、かといって夜に演奏するのはご近所への気遣いを考えると難しい、というお話は多く耳にします。
そんな時にこそご利用いただきたいのが「ナイトーン」です。
この装置をピアノに取り付けることで、たとえ夜でもアナログピアノを心ゆくまで演奏できるようになります。

2017.08.30

アコースティックピアノ用の超弱音システム「ナイトーン」の販売・取り付けを行っております。
ナイトーンはアップライト版とグランド版の二つをご用意しております。
夜でも周りを気にせずピアノを演奏したい、そんな願いをお持ちのピアニストの皆様のお役に立てれば幸いです。

2017.08.25

夜でも大好きなピアノを心ゆくまで弾きたい、でも電子ピアノの音では満足して弾けない… そんなピアノ愛好家の皆様の願いを叶えることができるのが、ピアノ用アナログ式超弱音システム「ナイトーン」です。
皆様がお持ちのピアノを傷つけることなく取り付け可能なナイトーンを使って、思う存分演奏をお楽しみください。

2017.08.22

人間の声の大きさも、その環境の時々で無意識に大きさを変えています。
例えば図書館の中では、ささやき声で話しますが静かな環境なので聞き取ることができます。
ナイトーンで夜中に練習する時にも、まるでピアノのささやき声のように聴こえてきます♪

2017.08.15

バッハの時代には、クラヴィコードで演奏していましたので、調度ナイトーンほどの音量でしたが、ピアノはコンサート楽器として大音量が出るように開発・改良されています。
現代のご自宅でピアノを弾くのには、ナイトーンは程良い音量が出るように設計されています♪

2017.08.11

ピアノを夜間に練習する場合、デジタルピアノやサイレントピアノで練習するという方法がありますが、ピアノの通常のタッチに影響を与えずに練習できるシステムは、世界でナイトーンだけです。
タッチに全く変化がありませんので、コンクール出場の方やプロのピアニストの方々にも、喜ばれてご愛用されています♪

2017.08.07

先日ですが、海外の現地国内では有名なピアノショップの担当者さんから、お上手な日本語で直接国際電話をいただき、ナイトーンを搭載したピアノを輸入販売したいというお話しをいただきました。
海外でもナイトーンは目を引いているということですが、海外展開は慎重に進めて行かないと技術の流出となりますので、現在は検討中です♪

2017.08.02

今日も地震がありましたが、以前『東日本大震災』の後に、節電対策がなされた時にナイトーンのお客様が、「輪番停電時に電子式サイレントだと練習できなくなるけれど、ナイトーンは停電しても大丈夫です!」とお話しをされていました♪

2017.07.29

ナイトーンは、マンション住まいの方や、夜にしかピアノを弾く時間を取れない方に生ピアノを存分に弾いて頂くためのアコースティックピアノ用超弱音装置です♪

2017.07.26

ナイトーンを使ってピアノの練習に励みコンクールに入賞された方も多数いらっしゃいます。
アコースティックピアノの繊細なタッチ、音の表現はそのままに音量のみを減衰させているナイトーンだからこそ実現できる表現があります♪

2017.07.24

ピティナコンクールのために弾いているお嬢さんのお母さまのフェイスブックに、”「ナイトーン」を付けているので、グランドピアノの蓋を開けて弾いても外で遊ぶ子供たちの声の方が大きいです。でも、弾いているRちゃんにはちゃんとアコースティックの、自分の音が聞こえているのです。”という記事が動画付きでアップされていました♪

2017.07.21

「ナイトーンで夜、バッハを弾くと最高に良い雰囲気です?」というお声を良く聞きます。
ある方のお話しでは、「バッハが上から降りてくる」という表現をしておられました☆
ナイトーンで練習をされて、バッハコンクールで賞を取られたお客様もいらっしゃいます♪

2017.07.19

ナイトーンUP(アップライト版)には、ライトモデルとプロフェッショナルモデルがあります。
フェルトユニットのみの製作がライトモデルで、更にタッチ可変ユニットを搭載したモデルがプロフェッショナルになります。プロフェッショナルでは、ピアノのオリジナルのタッチが100%変化することはありません♪

2017.07.15

最近はナイトーンの製作に行くと、コンクール出場のお子さん達が、とても多くおられます。
ナイトーンは、アコースティックなので、本物のピアノと変わらない練習ができます。皆さま、ナイトーンでたくさん練習をして、ぜひ上位入賞してくださいね!

2017.05.12

ナイトーンGPライトには、現在、次の二つのモデルがあります。
ナイトーンGPライトN(ナイトーン・モード時に通常音の約10%~以下の音量になる設定/通常音タッチは多少変化)と、ナイトーンGPライトS(ナイトーン・モード時に通常音の約30?70%程の音量になる設定/通常音タッチに全く変化なし)の二つのモデルです。
お客様の環境と時間帯や練習スタイルなどに合わせてお選びくださいませ♪

2017.03.28

人の声の大きさにも個人差があるように、ピアノの基本的な音の大きさにも個人差があります。
そして、部屋の中で話す声、駅のホームの上で話す声、図書館の中で話す声の大きさ等も、人は無意識で決めています。ナイトーンの音の大きさのコントロールも図書館の中で話す「囁き声」のような表現力が可能です♪

2017.03.17

ナイトーンの音質とサイレントピアノの音質で一番異なるのは、弦一本一本の倍音や残響音が、サンプリング音源のサイレントやデジタルピアノにはありませんが、ナイトーンは本物のピアノの弦そのものが発音いたしますので、バックコーラスのような深みのあるグラデーションの音色が生まれます。

2017.03.08

ヤフーの検索窓で「ピアノ 防音」と入力すると、「ピアノ 防音 ナイトーン」と自動入力候補が出るようになりました!
場合によっては、「ピアノ」だけでも候補に上がることもあるようです。
ピアノ愛好家の皆さまの高い人気に応えるような本物の製品をお届けいたします♪

2017.03.01

先日、「ダイナミック オーディオ」というオーディオ専門誌の方がナイトーンのご試弾に来られました。
ご自身のご趣味でピアノを弾いておられるとのことでしたが、ナイトーンの音色にご納得されて、ピアノをグランドに変えるかご検討されるということでした☆

2017.02.07

ナイトーンGPには、ライトモデルとプロフェッショナルモデルがございます。ライトモデルには、非公式ですがライトN(音量約10%)と、ライトS(音量約30~70%)モデルがございます。
ライトNでは通常音時に若干タッチに変化がありますが、ライトSではタッチに変化はありません。
プロフェッショナルモデルは、音量約10%でも通常音時のタッチに変化はありません♪

2017.01.22

ナイトーンUPには、ライトモデルとプロフェッショナルモデルがございます。
ナイトーンの小さな音で弾くことで十分でしたら、ライトモデルで大丈夫です。
更にオリジナルのピアノタッチが100%変わらないことがご希望であれば、プロフェッショナルモデルをお勧めいたします♪

2017.01.14

今年から関西に引き続き、静岡・愛知地域でも、ナイトーンUPプロフェッショナルの製作が可能となりましたが、フェルトユニットのみでも電子式サイレントよりもナチュラルなタッチで弾くことができますが、タッチ可変ユニットを組込むことにより、本来のアクションの性能が100%保持されますので、より繊細なタッチで奏でることが可能となります♪

2017.01.03

明けましておめでとうございます☆
1月から関西に引き続き、静岡・愛知地域でも、ナイトーンUPプロフェッショナルの製作が可能となります♪
また、九州のお客様より、ナイトーンGPライトSの製作依頼がございましたので、春には九州上陸です!

2016.12.31

2016年も年末になりましたが、フランス・パリ市内の老舗ピアノショップから、ピアノ技術者さん(日本人女性)が一時帰国されて、ナイトーンのご試弾に来られました☆
とても感激をされて、たくさんのお話しをされて行かれました!
フランスでは、俄かにナイトーンのことが話題になっているということです♪

2016.12.12

2017年の1月4日から、静岡・愛知県でナイトーン製作支部となっている「VOITECH ヴォイテック」さんでも、ナイトーンUPタッチ可変ユニット製作の研修を行いますので、関西に引き続き、静岡・愛知県地域での製作も開始となります☆

2016.11.28

プロのピアニストのお客様ですが、防音室での練習過多ににより、聴覚過敏で長年苦しまれておりましたが、ナイトーンGPの超弱音システムで全面改善されました。
防音室の練習で、反響音で悩まれている方には、ナイトーンは最善の選択肢となります♪

2016.11.12

京都のぴあの屋ドットコムさんは、ナイトーン関西製作支部としてナイトーンUPの製作を行っておりますが、この度「ナイトーンGPライトN&Sモデル」の研修を終えましたので、これから、関西地域の方々へも、いよいよ「ナイトーンGPライトN&Sモデル」の製作を開始いたします☆

2016.10.25

アコースティックピアノの表現力とデジタルピアノ・サイレントピアノの表現力は、書道の毛筆での表現力と、ボールペンでのペン字の表現力に例えられます。
書体としては書道の毛筆の方が、より自由に情感を表現できるように、ピアノはアコースティックの表現力の方が、遥かに豊かな音楽を奏でることができます。
ナイトーンは、ちょうど小筆で小さな書体を描くような感覚で、小さな綺麗な音でピアノを奏でられます♪

2016.10.14

ナイトーンをお申込みになられる方には、ピアノにネジ穴を空けずにピアノを傷めないで取付けが可能という設計に、共感を持たれている方々が多くおられます。
ご自分の大切なピアノに愛着があるという、ピアノを愛する想いにもお応えいたします♪

2016.10.07

ナイトーンで練習する意味とは、デジタルではなく、アコースティックの本物のピアノの音であるということ、タッチが全く変わらないシステムを搭載できるということ、ピアノにビス穴一本空けずに製作が可能ということです。
ピアノを愛する全ての愛好家の方々へ、本物の音楽をお届けいたします♪

2016.09.27

小さいころからの音感は、とても大切です。例えば、その地方地方の方言などは、小さな頃より耳にしているので身体に染み付いています。
電子音・デジタル音での練習では、無意識で養われる音感に同様に染み付いてしまいます。
ナイトーンは、ピアノそのものの音色ですので、本物の音感が身に付きます♪

2016.09.20

ナイトーンのご試弾に来られる方々は、都内、近県の方々から、遠方では新幹線で来られる方、更に飛行機で羽田空港から直接来られる方までおられます。
JR山手線「品川駅」までいらしていただければ、お車でお迎えに上がり、駅までの送迎をさせていただいております♪

2016.09.13

ピアノを弾くのが大好きな方でしたら、「夜でもピアノが弾けたら良いのにな~。」と思ったことはありませんか?
ナイトーンは、そんなピアノ愛好家の方々への贈り物です☆
本物のピアノの音で、夜でも大好きな曲を演奏してみてください♪
きっと、今までに経験したことのない素敵なお時間が過ごせますよ。

2016.09.06

ナイトーンをご愛用されている方々は、ピアノを始めたばかりの小さなお子さんから、大人の趣味でピアノを弾かれている方、様々なピアノコンクールに出られている子供達から、ピアノの先生、プロのピアニストまで、幅広いピアノ愛好家の方々から支持を受けております♪

2016.08.31

ナイトーンで夜ピアノを奏でると、自然と力の抜けた繊細な表現力が身に付きます♪
それは、夜は人間の耳はとても小さな音を聞き分ける能力がアップしますので、小さな音で弾いていても、それが普通の音に聞こえてくるようになるからです。

2016.08.23

ナイトーンはアコースティックの音質なので、夜の静寂の中で弾くことによって、或いは演奏に集中することによって、耳の鋭敏さの感受性が増幅しますので、小さな音でも綺麗に美しく聴こえるという効果があります♪
ぜひ、本物のナイトーンの音で、本物の音楽を奏でてみてください☆

2016.08.03

ナイトーンは、取付けるピアノそのものの音が音源になるので、ピアノ本来の音色がそのまま生かされるのが大きな魅力といわれています。静かにピアノを弾かれたい方におすすめの一品です。

2016.07.28

ナイトーンは弱音効果に優れたピアノ用アナログ式超弱音システムです。
ピアノに一切の傷を付けずに超弱音を可能にしています。
電子音のピアノでは満足できないあなたのニーズにお応えいたします。

2016.07.20

ピアノ防音は世界初のアナログ式超弱音システムのナイトーンにお任せください。
ピアノを傷つけることなく、音漏れが気になる時でも美しいアコースティックピアノの音色を奏でてみませんか。

2016.07.13

ピアノ用アナログ式超弱音システムをナイトーンといいます。
ナイトーンはピアノ内部を傷つけることなく、夜でも弾けるような音量にモード切替をしてくれます。
防音の気になる夜中の練習の心強い味方です。

2016.07.05

ナイトーンは、ピアノ愛好家の方々のために生まれた『アコースティックピアノ超弱音システム』です。
そんなNighTONEの弱音効果をショールームにて体験していただけます。
お気軽にお問い合わせくださいませ♪

2016.06.28

ナイトーンは弱音効果に優れたピアノ用アナログ式超弱音システムです。
ピアノに、ネジ・ビスなどを打ち込むことなく、アコースティックな超弱音システムを製作いたします。
電子音のピアノでは満足できない、ピアノを大切に思うピアノ愛好家の気持ちにお応えいたします。

2016.06.21

音の減衰は明らかに今までのピアノのまま生音を小さくすることのできる、ピアノ用アナログ式超弱音システム・ナイトーン。
ナイトーンがあれば、夜間のアコースティックでのピアノの練習も可能になります☆

2016.06.15

一日を終えて静かに過ごしたい時間に、ピアノの練習が聞こえてきたら常識がないと思うものです。
部屋を防音室にすることもできますが、ピアノ自体の音を超弱音にするという技術・方法があります。
ナイトーンは音自体は小さくても、本来のピアノの音色を夜でも存分に楽しんで弾くことができます♪

2016.06.09

ピアノ用超弱音システムの 「NighTONE(ナイトーン)」を開発・販売しています。
熟練の職人が作る完全オーダーメイドになります。
ナイトーンは夜にピアノを弾いても、ご近所迷惑になりません。夜間の練習には心強い味方です☆

2016.06.01

かつてはアコースティックによる高品質なピアノ防音システムはありませんでした。
しかしながら、今ではピアノ用超弱音システム・ナイトーンが開発されておりますので、夜間でも近隣のことを気にすることなくナチュラルな音色のまま、自然なピアノ演奏を楽しむことができるようになりました♪

2016.05.26

ピアノのハンマー一本一本に対応する特殊加工フェルトを、ハンドメイドで丁寧に製作する超弱音システムナイトーン。
集合住宅での夜間のピアノ演奏などでお悩みの方、この機会にお試しください♪

2016.05.18

ピアノの練習で最も気になるのが防音。集合住宅や都市部の住宅密集地では特に近隣への配慮が必要なため、思うように弾けないとお悩みの方も多いことでしょう。
ピアノ用超弱音システムNighTONE(ナイトーン)はその問題を解決します。
静寂な住宅街の環境を守りつつ、存分に弾ける喜びをご提供いたします。

2016.05.13

昨今の住宅環境はピアノ愛好家にとって厳しいものと言えます。
ですが、近隣に気兼ねなく演奏をしたいという思いは、なかなかあきらめられるものではありません。そこでおすすめなのが、ピアノ用超弱音システムの「NighTONE(ナイトーン)」です。
このシステムを導入することによって、本格的な防音設備がなくても、美しい音色のまま囁くような音で演奏が可能となります。

2016.04.28

夜でも騒音を気にせずアコースティックピアノを演奏したい場合は、ナイトーンがおすすめです。
ピアノに傷をつけない製作と、アコースティックで自然なアナログの音色で演奏できますので、いつでも気軽にピアノを弾くことができます。

2016.04.21

夜でも気をつかわずにピアノを弾きたいけれど、サイレント等の取付けで傷がつかないか心配、と悩んでいる方。
オーダーメイドの特殊設計フェルトに取り替えるだけで防音ができる、アナログ式超弱音システム『ナイトーン』をご存知でしょうか。
ナイトーンは、取付けの際にネジやビス等で傷をつけることはありません。
また、アコースティックピアノの音そのものなので、本来の自然な音色のまま防音できます。

2016.04.14

時間や住宅事情によっては、ピアノの演奏に気を使います。でもナイトーンなら、アコースティックピアノのタッチはそのままで、音量だけボリュームダウンすることができます。これで周囲に迷惑をかけず、気兼ねなく練習に打ち込めます。

2016.04.08

夜にピアノ演奏をする際には近隣への配慮が不可欠ですが、いくら音量調節できるとはいえ電子ピアノではデジタル音でしかなく、タッチも不自然です。
しかし、超弱音システムのナイトーンならタッチはそのままに、小音量の自然なアコースティックサウンドを響かせることができます。

2016.04.01

ピアノを思いきり弾きたいけど、自宅の場合、なかなか難しい場合もあるのではないでしょうか。
部屋を防音にできれば良いのですが、かなりの予算が必要となり、音の反射の問題も起きてしまいます。
そこで、ピアノ自体の音を超弱音にする画期的なシステム「ナイトーン」を取り付けるという方法があります。

2016.03.25

住宅事情や多忙によって夜しか練習時間が確保できないピアノ愛好家にとって、ピアノに取り付けただけで、時間を問わず自由に演奏が可能になる、ピアノ用アナログ式超弱音システム「NighTONE(ナイトーン)」は、画期的な演奏システムです。

2016.03.18

ピアノを上達させるためには、できるだけ毎日欠かさずお弾きになることが大切です。
そのために、ピアノの防音を考慮されるのなら、独自の技術を持つNighTONE(ナイトーン)がおすすめです。
電子音ではなく、アコースティックの音色とタッチのまま、囁くような小さな音で弾くことができます♪

2016.03.10

集合住宅にお住まいでピアノに携わっている方、これからピアノご購入予定のある方には、特にピアノの音に対する配慮が必要となります。
演奏した時の音漏れでのご近所への確執は避けたいものです。
その様な環境において、ピアノ用超弱音システムのナイトーンがお役に立ちます。

2016.03.03

夜間でも気軽に練習できるサイレントピアノ・デジタルピアノ等に興味を持っている人は多いと思います。
そのような場合には、アコースティックピアノを超弱音化させることのできるナイトーンがお勧めです。
音量を気にせずに、いつでもアコースティックピアノの感触を失わずに練習をすることができるようになります。

2016.02.26

ナイトーンはピアノに優しい設計の超弱音システムです。既存の弱音レールの一枚型フェルトと取り替え、専用設計の独立多層フェルトを製作しますので、お客様の大切なピアノ本体にビス・ネジなどを打ち込むことはございません。ピアノを愛する方々のために、最善の配慮を尽くして、設計・製作を行っています。

2016.02.19

ピアノの防音は部屋全体を防音工事するということも行われていますが、工事には多額な費用もかかり、室内反響などの問題も起こってきます。
その様な大がかりなことをしなくても、ナイトーンは静音性を保つことができます。
ピアノそのものの音色を綺麗に保ったまま、小さな音で弾くことが出来る超弱音装置です。

2016.02.12

「ナイトーン」は、お手持ちのピアノに傷をつけることなく、アコースティックの音色のまま、タッチを変えずに、小さな小さな音で奏でることができる画期的な製品です。
ピアノのハンマー一本一本に対応する超弱音用のフェルトを、ハンドメイドで丁寧に製作いたしますので、大切なピアノに穴を開けたりすることは一切ございません。

2016.02.05

ピアノ防音は、世界初のアナログ式超弱音システムのナイトーンにお任せください。
また、ピアノの調律・メンテナンスに長期間ブランクのある場合には、通常の調律はもちろん、修理・出張クリーニング等、ピアノのメンテナンス全般も承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

2016.01.29

「弾きたくても弾けなかった」、そんなピアノ愛好家の方々待望のピアノ用アナログ式超弱音システム「NighTONE/ナイトーン」。幅広い年代、地域、レベル層の方々に、ご好評いただいております♪

2016.01.20

ピアノ防音の「ナイトーン」の利点の一つは、超弱音時でも、タッチが変わらないということです。
防音対策として、ヘッドフォンを着けて電子ピアノを弾く、という方もいらっしゃいますが、この場合、鍵盤が軽すぎたり、繊細な強弱の反応に不満を感じる方が多いようです。
しかし、「ナイトーン」なら、本来のピアノのタッチそのままの感触で弾くことができます。

2016.01.13

ピアノの防音は、空気伝波音と個体振動音の2種類があり、一般的な防音対策として、ピアノ架台や背面パネル等を設置して階下や近隣への音を防いだり、窓を二重にする、壁から離す等が行われています。ナイトーンなら、そのような工夫をしなくても、根本的に弦の発する振動エネルギーそのものを小さくしていますので、安心してピアノを奏でる事ができます♪

2015.12.25

夜間でもピアノ本来の音色と感触のままピアノを弾きたい・・・そんな方にこそ試していただきたい、ピアノ用アナログ式超弱音システムナイトーン。
数多くの専門家やピアノ愛好家の方々から喜びのお声をいただいております。
是非この機会にお試しくださいませ♪

2015.12.18

ピアノの騒音トラブルを未然に回避する上で、とても使い勝手の良いアイテムとして、今や多くのユーザー様からの需要が高まっています。
ピアノ用アナログ式超弱音システム「ナイトーン」で深夜のピアノ演奏も、より身近なものに☆

2015.12.11

「本物のピアノの音色でありながら、音量だけが小さくなり、繊細なタッチをそのまま表現できる」という特長を持つ、ピアノ用アナログ式超弱音システムナイトーン。幅広いピアノ愛好家の皆様からご好評の声をいただいております。
「お客様の声」ページの中の「一般のお客様の声」をご覧くださいませ。

2015.12.3

ピアノと一言にいっても、メーカーや機種や年代等により、内部の設計や寸法も様々です。そのため、ナイトーンは一台一台について、完全なオーダーメイドで製作されています。
アコースティックの音のままで演奏可能なアナログ式超弱音システムをお探しの方、ご相談くださいませ。

2015.11.25

ピアノを上達させるためには、日々の練習を行うことが大切です。そのために時間を気にせず、夜間でも練習をしたいのならば、防音効果の高い、超弱音システムのナイトーンがおすすめです。近隣住人に迷惑を掛けることなく、いつでも練習に集中することができてとても便利です。

2015.11.19

アナログ式超弱音機能のナイトーンは、ピアノの音量が人の話し声程になるので、音を気にせず演奏する事が可能です。夜間にピアノを利用する方や、集合住宅にお住まいの方など、音への配慮が必要となる方々にお薦めです。

2015.11.12

ピアノが趣味ですが、自分の部屋が防音でないため、つい夜間の練習を控えてしまう方も少なくないことでしょう。気分転換にピアノを弾きたいと思っても、時間帯や近所迷惑を気にして自由に弾けない人にこそ、お試しいただきたいのが超弱音システム・ナイトーンです!

2015.11.5

アコースティックピアノに、ナイトーンを搭載すれば、
夜間でも音の心配なく心ゆくまで演奏することができます。
ピアノ演奏がご趣味のあなたに欠かせないアイテムです。

2015.10.29

従来はアコースティックによる高品質なピアノ防音システムがなかったのですが、
今ではナイトーンという超弱音システムが開発されているので、夜間でも近隣のことを気にすることなく思う存分ピアノの練習をすることができます。

2015.10.21

ピアノ防音対策で、壁との間に防音用クッションを入れたり、毛布で防音壁を作られている方・防音に気を使われている方・・・・
そんな方におすすめのナイトーン! ナイトーンならアコースティックの音色はそのままに、超弱音で夜でも弾くことが可能です。

2015.10.16

夜でもピアノの練習がしたいけど、マンションなので近所迷惑になり困っている方に試していただきたいナイトーン。ナイトーンは人の話し声ほどの小さな音で練習することができるので、いつでもピアノを弾くことができます。

2015.10.7

アコースティックの音色のまま、音量だけが小さくなり、繊細なタッチをそのまま表現できる、ピアノ用超弱音システムのナイトーン。気になる集合住宅での夜間のピアノ演奏のお悩みを解消いたします。

2015.9.30

ナイトーンは、取付けるピアノそのものの音が音源になるので、ピアノ本来の音色がそのまま生かされるのが大きな魅力といわれています。静かにピアノを弾かれたい方におすすめの一品です。

2015.9.16

ナイトーンは弱音効果に優れたピアノ用アナログ式超弱音システムです。
ピアノに一切の傷を付けずに超弱音を可能にしています。
電子音のピアノでは満足できないあなたのニーズにお応えいたします。

2015.9.8

ピアノ防音は世界初のアナログ式超弱音システムのナイトーンにお任せください。
ピアノを傷つけることなく、音漏れが気になる時でも美しいアコースティックピアノの音色を奏でてみませんか。

2015.9.1

ピアノ用アナログ式超弱音システムをナイトーンといいます。
ナイトーンはピアノ内部を傷つけることなく、夜でも弾けるような音量にモード切替をしてくれます。
防音の気になる夜中の練習の心強い味方です。

2015.8.24

ナイトーンは、ピアノ愛好家の方々のために生まれた『アコースティックピアノ超弱音システム』です。
そんなNighTONEの弱音効果をショールームにて体験していただけます。
お気軽にお問い合わせくださいませ♪


PAGE TOP