ナイトーン

突然の爆音とピアノの騒音☆ナイトーンUPライト「製作記録:ヤマハ YU50 」

海老名市のマンションのリビングで、中学生のお嬢さんが弾いているピアノです♪
音楽部にも入っていて、今度、学校の合唱会でも伴奏をするので、
たくさん練習する時間が必要とのことでした☆

ピアノはヤマハの「YU50」で、とにかく音が大きいです!
それは、ハイグレードなピアノですので、より豊かな音が出るような設計になっているのです。
ですが、それとは反比例して、騒音問題を考えると気を遣わなくてはならなくなってきます。

製作中に驚いたのは、突然、間近で雷でも落ちたかのような爆音が聞こえてきたのですが、
それは、(厚木基地からの)戦闘機が飛ぶ音でした。
そして、この音が日常的に聞こえて来るということに、とても複雑な思いがした製作風景でした。。

製作後には、お嬢さんがナイトーンで弾いてくれて、これでたくさん練習できると喜んでいました♪

ペトロフの木の響きを大切に☆ナイトーンUPプロ「ペトロフ P118 P1」

ピアノプレップさんのお客様で、ペトロフにナイトーンUPプロを製作してきました♪
お弾きになられているのは社会人の男性の方で、ご趣味で弾いておられます。
横浜市の閑静な住宅街の一戸建てですが、ご近所さんへのご配慮でお申込みになられました。

ご近所にはピアノのお教室があって(別の先生ですが)、外まで音が聞こえているということでした。。

ペトロフは、木の音質が豊かで外装もとても高級感のある木目調が、気に入っているというお話しでした☆
その木の響きを大切にしたいということで、ナイトーンは本物のピアノの音色がそのまま響いていて、
タッチも変化しないということで、練習には最適と言っておられました♪

ピアノプレップさんは、様々な趣向のサロンコンサートも開催しておりますので、
実際にお店のコンサートで、その音色を味わってみてください♫
ピアノプレップ http://www.pianoprep.jp

東京湾まで見通せる眺望で☆ナイトーンUPプロ「製作記録:ヤマハ UX-3」

高層マンションの一室で、お嬢ちゃんが弾いているピアノです♪
お父さんは、ご趣味でトロンボーンを吹かれています♫

マンションですので、やはり上下の方にお気を使われているとのことで、
ナイトーンをお申込みになられました。

練習していてもピアノ本来のタッチが変わらない方が良いということで、
タッチ可変ユニットも搭載しています。

製作中には仕事に集中していて気が付きませんでしたが、ふと遠くを見ると、
東京湾までが見通せる眺望で、最高のロケーションでした☆

 

ナイトーンの音に感動!☆ナイトーンGPライトN(仮称)「製作記録:ヤマハ S-400B」

ヤマハのハイグレード・グランドピアノ「S-400B」です♪
埼玉県在住で一戸建てにお住いのご主人が、ご趣味で弾いておられます。

お仕事のお帰りが遅いので、普段は電子ピアノで練習をされていて、
「S-400B」は休日にしか弾いていないとのことです。。

ナイトーンGPプロフェッショナルモデルでお申込みになられておりますが、
先日、ライトN(仮称)までが完成し、ナイトーンの音が出るようになりました☆

ナイトーンGPプロフェッショナルのタッチ可変ユニットが完成するまで、
ライトモデルとしてナイトーンの音が出せますが、下記のどちらかのモデル(仮称)
をお選びいただくことが可能です。

ナイトーンGPライトN(ナイトーン・モードの時に、通常音の約10%程の音量になる設定/タッチは多少変化)
ナイトーンGPライトS(ナイトーン・モードの時に、通常音の約70%程の音量になる設定/タッチに全く影響なし)

ご主人の場合には、平日の夜中に多く練習をされるということですので、
ナイトーンGPライトNモデルの方で製作をいたしました。

ナイトーンの音が出た時には「感動しました!」と言っておられ、これで仕事から帰ってきて
夜中でも弾けるようになったと、とても喜んでおられました♪

都心のマンションでも程良い音☆ナイトーンUPライト「製作記録:ATLAS Mod A1B」

古くからの調律のお客様のピアノです♪
奥様がコーラスをされていて、ピアノはご趣味で弾いておられます。

 

都心のマンションを何度かお引越しをされていて、前回の赤坂のマンションの10階の時に、
ナイトーンをお申込みになられました。(その前は、お隣のマンションの2階でした!)

 

ピアノは年代物のアトラスピアノですが、アクションにも樹脂製のパーツは
一つも使用していない年代の製造ですので、コンパクトでも音色がとても良いです♪
マフラーレールまで木製で造られており、塗装も深みのある艶出しウォルナットです。

 

ナイトーンはマンションでピアノを弾くには、気兼ねなく程良い音だと言っておられました☆

 

 

 

ピアノご購入前より先にナイトーンを☆ナイトーンUPプロ「製作記録:ヤマハ U2H」

横浜の江の島近くのマンションにお住いで、お母さんとお嬢ちゃんでピアノを弾いていらっしゃいます♪
マンションのリビングですので、やはりご近所さんへお気を使われているとのことです。
電子ピアノからの買い替えで、本物のピアノをご検討されている段階で、ナイトーンのご試弾にいらしていただき、
これならマンションでも本物のピアノを弾くことができると、ナイトーンをとても気に入られて、
ピアノをご購入される前より、ナイトーンをお申込みいただきました。
(実は同様にピアノご購入前より先にナイトーンをお申し込みのお客様は、とても多くおられます。)
ピアノはリニューアルされた、とても良い響きのU2をお探しになられて、無事に納品となりました。
当時のヤマハは、木材の材質も良く、大きさもU2はマンションにも程良く手ごろな感じです。
お母さんと小学校低学年のお嬢ちゃんが練習していますので、タッチ可変ユニットも組み込んで、
U2のタッチそのままで、クオリティーの高い弾き心地を維持しています。
これで、マンションでも安心してピアノが弾けると喜んでおられました♪

 

 

お嬢ちゃんが嬉しそうに☆ナイトーンUPプロ「製作記録:ヤマハ YU11」

都内の一戸建てのお家で、お母さんとお嬢ちゃんがピアノを弾いていらっしゃいます♪
住宅の密集地で、近隣への音のご配慮が必要とのことです。
ピアノは新品の「ヤマハ YU11」でハイグレードのピアノで、ピアノのオリジナルの
タッチにも変化のないタッチ可変ユニットを搭載しています。

お母さんも、これで安心して練習できると喜んでおられました☆
製作後に、お嬢ちゃんが嬉しそうに中の見える状態のピアノを弾いていました♪

 

 

浜松にてナイトーンUP研修終了☆VOITECH ヴォイテック「研修風景」

年明け4日~10日まで、連続でナイトーンUPライト(独立多層フェルト)の研修を、
日本におけるピアノ製造の本場・浜松にて実施しておりましたが、無事に検定合格で終了いたしました!

 

ナイトーンUPのフェルトユニットは、ピアノ一台一台のハンマー間隔に合わせて、ミリ以下の精度で
正確にスリットを入れたり、弱音レールの水平基準が出ていなければ、フェルト自体での水平水準を
合わせたりなど、とても精度の高いクオリティで製作がなされています。

 

普通の調律技術者の方が扱う通常の弱音レールやフェルトでは、そこまでの精度は必要としないため、
取付けや貼り換えに、特に神経を使う必要もありませんが、ナイトーンのフェルトユニットの製作では、
材質自体はフェルトですが、その製作精度はピアノのアクションと同等の精度で設計・製作されています。

 

一日一台の製作研修で7台を製作し、無事に検定合格となりました♪

 

この度、浜松で国内最大級の品揃えを誇る「VOITECH ヴォイテック」さんで、ナイトーンUPライトの
製作が可能となりましたので、静岡県、愛知県のピアノ愛好家の方々からのお申し込みをお待ちしております☆

 

『VOITECH ヴォイテック』http://www.voitech.co.jp

 

 

 

 

 

新年!浜松にてナイトーンUP研修開始☆VOITECH ヴォイテック

明けましておめでとうございます☆
今年はナイトーン研修の準備等で、1月2日から始動しています!

ピアノ製造の本場・浜松にて、ナイトーンUPの製作研修を開始いたしました♪
ナイトーン製作地域として、静岡県と愛知県を受け持つことになったのは、
浜松で国内最大級の品揃えを誇る「VOITECH ヴォイテック」さんです。

『VOITECH ヴォイテック』http://www.voitech.co.jp

ショールームは、さながら最高に上質なサロンコンサート会場です!
床は無垢のチェリー材に光沢のある肉厚ワックスがコーティングされており、
まるで高級ピアノの表面仕上げのような雰囲気を醸し出していて、
その上を歩くことさえ躊躇しそうなくらいにラグジュアリーな雰囲気です☆
実際にコンサート会場としても使用することが可能ということで、テレビ取材等でも
多数紹介される程のクオリティの高さです。

これで今年から、静岡県と愛知県のピアノ愛好家の方々へ、ナイトーンを直接
製作に行くことが可能となります♪(先着優先にて、ご予約承り中!)

4~10日までナイトーンUPの研修ですので、また研修風景をお伝えして参ります☆

ピティナ・コンクール出場のお嬢さんに☆ナイトーンGPプロ「製作記録:ヤマハ C1L」

横浜の一戸建てにお住まいで、お嬢さんとお母さまとでピアノを弾かれています♪
閑静な住宅街ですので、音にはとても気を使われているとのことです。

 

お嬢さんは、ピティナ・コンクールにも出られていて、ピアノの先生も繊細なタッチを重視
しておられるということで、タッチ可変ユニット搭載のプロフェッショナルでの製作です。
(色々なコンクールに出場の方々には、ナイトーンで練習されている人も多くおられます。)

 

 アップライトモデルのタッチ可変ユニットは、ジャック側1系統ですが、グランドモデルでは、
ジャック側とドロップ側の2系統を可変させておりますので、ナイトーン・モードでも
通常音モードでも、タッチに全く影響が出ない完璧な設計となっております。

 

お嬢さんは学校から帰宅後に、お母さまは夜にお弾きになられているということです☆

 

PAGE TOP