ナイトーン

ピアノ防音 ナイトーンとクリーニング☆ヴォイテック・ブログより♪

静岡・愛知県でナイトーン製作支部となっている「VOITECH ヴォイテック」さんですが、

独自のブログを展開していて、ナイトーンに関する記事がとても良い内容ですので、

ナイトーン東京本部のブログの方へも、順次転載してご紹介をさせていただきます♪

 

静岡・愛知方面のお客様でしたら、「VOITECH ヴォイテック」さんの方へ

ご連絡いただければと思います☆

 

VOITECH ヴォイテック:0120-13-86-39 http://www.voitech.co.jp

 

千葉県にお住まいになる、お客様の福岡県のご実家にあるピアノを、浜松の弊社に運び入れ、ピアノクリーニングをしてからナイトーンプロフェッショナルモデルを取付け、千葉県柏市に納品させていただきました。

ピアノはアトラスピアノが製作した「MEISTER」というブランドのピアノです。

ご依頼自体は今年の始めにいただき、ゴールデンウィークの頃、千葉からお客様がお嬢さんとお二人で弊社にピアノの確認にご来店下さいました。ピアノ内部の状態を見て頂き、どの作業をどの位するかをご相談して、全体の作業内容を決めていきました。

外装などはそれ程ダメージを受けていなかったので、通常のクリーニング作業で済ませる事が出来る状態でした。

 

内部も大きな修理を必要としない状態だったので、最低限度のメンテナンスで済ませる事が出来るとお伝えしました。

その時お客様は、「買い換える方がいいのか、メンテナンスするのがいいのかを悩んでいたけど安心しました。」と仰っていただけたので、良かったです。

ナイトーンも試弾していただき、「これならマンションでも大丈夫ですね。」と納得のご様子。どうせ取付けるならということで、ナイトーンプロフェッショナルモデルのご注文をいただきました。

千葉県柏市には新築マンションの完成後、引越しと同時にピアノを搬入するという事で、マンションの完成を待ってからのご納品となりました。

その間にピアノのクリーニングを済ませてから、ナイトーンの製作に取り掛かりました。

アトラスのピアノはヤマハともカワイとも弱音装置の形状が違いますので、若干の工夫は必要ですが、問題無く製作取り付けが出来ました。

それら作業の途中に気づいたのですが、低音側の親板の上部の接着が剥がれていたので、再接着しました。

完全に剥がれている訳では無いのですが、万が一輸送途中に剥がれるような事が無いように、念のため接着しておきました。

無事納品が終わり、お客様からお礼のメールをいただきましたので、一部割愛してご紹介させていただきます。

_______________________________

お世話になっております。
千葉県柏市の○○です。

ご連絡いただきました通り、無事、ピアノの搬入と設置が完了しました。
昨日が引越当日だった為、作業に忙殺され、ご連絡が遅くなってしまい申し訳ありません。
外観も音も、期待以上に素晴らしく仕上がって、感動しております。
ナイトーンの音量、タッチも申し分ありません。

こちらにいらっしゃる機会がございましたら、是非、お立ち寄りください。

ありがとうございました。

_______________________________

ご満足いただけたようで、ホッとしております。これからはお嬢さんに沢山弾いてもらえるといいですね。

 

すごいを通り越してもはや不思議☆ナイトーンUPプロ「お客様の声」

先月ですが、スタインウェイ正規代理店のピアノプラザ群馬さんからのご依頼で、長野県小諸市の方へ

ナイトーンUPプロフェッショナルの製作へ行って来ました!

(ピアノプラザ群馬さんは、販売されるピアノに付けられて定期的にナイトーンのご依頼がございます♪)

 

一戸建てのお家で奥様と小学生のお子さんがご趣味でピアノを弾いているのですが、ご主人の勤務時間

の関係でご主人がピアノの音で眠れないということで、とても悩んでおられたということです。

 

ピアノの騒音問題の場合には、ご近所さんへの配慮ということもありますが、ご家族への配慮という

場合には、家庭内騒音というように言われることもございます。

 

そこで奥様がナイトーンのことを思い出されて、お申し込みとなりました。

 

奥様は、とても熱心に練習をされている方で、ピアノの上パネルにはピアノを弾く際の注意点の紙が

貼ってありました!

 

製作後に、とても実感のこもった感想文が届きましたので、ご紹介をさせていただきます♪

 

 

【長野県小諸市 :Y.Y 様 / ヤマハ NO.U1G】

こんにちは。昨日はありがとうございました!

 

昨夜さっそく間接照明で弾いてみたのですが、とてもよかったです。

こんな夜中に誰に気兼ねすることなく生ピアノが弾けるのがすごいを通り越してもはや不思議な感じでした。

音が大きくないので寝る前の耳にも刺激がなく心地よかったです。

 

しばらく弾いて感想がまとまりましたらナイトーンHPへ感想メールいたします。

やっぱり生ピアノは最高ですね^^

本当にありがとうございました。

 

 

 

<後日>

 

こんにちは。先日はナイトーン取り付けありがとうございました。

 

あれからは朝家族に気兼ねすることなくピアノを弾けるようになり、

ストレスがなくなりました。

 

私は五歳のころに自分の意志でピアノを習い始めたのですが、

親がピアノを買ってくれず、自宅にあるオルガンで練習していました。

本当はピアノが欲しくて欲しくてたまりませんでした。

結局大して上達せず、バイエルも終わらずやめた経験があります。

 

だから、子供がピアノを習い始めたのを機にピアノを買ったときはうれしくて仕方なかったです。

せっかく生ピアノを弾ける環境になれたのだからと、四年前にまたピアノ教室に通い始めました。

 

それからは子供のころとは見違えるように毎日朝晩練習しました。

でも子供のころとは違い、硬くなってしまった頭の大人になってからのピアノは脳が悲鳴を上げることも多く、

何度も挫折しかけました。それでももう子供のころのように挫折して後悔したくないからと

私はとにかく練習し続けました。

 

出来はそれなりにですがなんとか教本は進み、ようやくソナタまでたどり着いたと同時に

夫の勤務時間が変わり、朝のピアノ練習時間と夫の就寝時間がかぶるようになり、

泣く泣く朝の練習は電子ピアノで音を下げて練習することにしました。

 

すると、同じ練習量にも関わらず明らかに下手になりました・・・

当然ピアノ教室でもうまく弾けず、落ち込み、悩みました。

やっぱりなんとか生ピアノで練習したい・・・と。

 

以前外に漏れる防音対策は二重窓をつけることで改善しましたが、

家の中にいる人に対する防音対策は高額で場所も取る防音室しか思いつかず、

我が家には金銭的にもスペース的にも無理・・・

 

昔叶わなかったピアノを持てて、それをただただ弾きたくて練習してるだけなのに、

なぜ神様はこうも私にピアノを思う存分弾かせてくれる環境を与えてくれないのだろうと自分の運命を呪いもしました。

 

そんなときふと、数年前防音対策を調べていた時にナイトーンというものがあったことを思い出しました。

・・・これだ!!と私は決意しました。

いつもは何かと悶々と悩んだりする私ですが今回だけは決断が早かったです。

 

それからはトントン拍子で話は進み、先日ナイトーンをつけていただきました。

ナイトーンだと二階で寝ている夫も弾いていることに全く気付きません。

また、ピアノが思う存分弾ける生活に戻ることができました。

 

ナイトーンをつけてから、私の中にいる子供のころの私が嬉しそうに

「生ピアノを弾ける環境を一生懸命考えてくれてありがとう、弾かせてくれてありがとう」

と言っている姿が目に浮かぶことがあります。

親が私にしてくれなかったことを、私が今彼女にできる限りのことを精一杯することで、

約30年心にくすぶっていたピアノに対する劣等感や渇望感がスーッと浄化されていくのがわかります。

それを感じるたびに私はとても幸せな気分になります。

ナイトーンを開発してくださった田上さんには感謝しかありません。

 

ただただ好きな生ピアノを弾きたい、でも音の問題でそれが許されない。

そういう方がたくさんいらっしゃると思います。

ナイトーンがもっと世間に、世界に広がることを私は強く願います。

 

 

~~~~~

余談ですが、11歳の息子も毎日ナイトーンで練習しています。

 

朝早く(六時過ぎ)練習したいというのでナイトーンを使わせていたのですが、

今までは譜読みで毎回イライラしながら荒く適当に練習して、そのイライラが私にも伝わり

「そんなにピアノが嫌ならやめなさい!!」

「いやだやる!!」

という不毛な日々過ごしていて私も息子も相当なストレスだったのですが、

ふと、ナイトーンで練習しているときの息子はイライラしていないことに気づきました。

 

初めは私の気のせいかな?と思ったのですが、数日様子を見てもそれは変わらず、本人に聞いてみたところ

「ナイトーンを使って弾くと間違って弾いちゃっても音が優しいからイライラしない」とのことでした。

音にわりと敏感な子なので、通常のピアノの音の音量では

間違って弾いた音がまるで自分が責められているような、ダメ出しされているような気分になっていたのかもしれません。

まさかナイトーンにこんな副次的効果があるとは・・・!と驚いています。

 

Y.Y

 

ピアノ防音 ナイトーン取付け☆ヴォイテック・ブログより♪

静岡・愛知県でナイトーン製作支部となっている「VOITECH ヴォイテック」さんですが、

独自のブログを展開していて、ナイトーンに関する記事がとても良い内容ですので、

ナイトーン東京本部のブログの方へも、順次転載してご紹介をさせていただきます♪

 

静岡・愛知方面のお客様でしたら、「VOITECH ヴォイテック」さんの方へ

ご連絡いただければと思います☆

 

VOITECH ヴォイテック:0120-13-86-39 http://www.voitech.co.jp

 

愛知県丹羽郡にナイトーンプロフェッショナルモデルの取り付けにお伺いしました。

愛知県丹羽郡と言えば、空港のある小牧市のすぐ北側ですね。

一戸建てのお宅なのですが、ご近所さんからピアノの音のことで苦情が出てしまい、ピアノの防音についてネットなどで色々調べ、ナイトーンに辿りついたとのことでした。

消音装置も検討されたそうなのですが、デジタル音になってしまうのが、どうしても嫌だったそうで、アナログ方式のナイトーンをお選びいただきました。

タッチにもこだわりたいということで、ナイトーンのプロフェッショナルモデルを選択されました。

ご自宅にお伺いすると、ピアノはコンパクトなサイズでデザインも素敵なカワイのKL51KFでした。屋根がグランドピアノの様に開いて、とても可愛いピアノですね。

午前中はナイトーンのライトモデルに相当する部分の製作に取り掛かり、順調に作業を進めることが出来ました。

午後からはプロフェッショナルモデルの肝であるタッチ可変ユニットの製作に取り掛かりました。このピアノは背の高さが低い為、アクションも低い造りになっています。

その為、製作には少し加工が必要でしたが、問題無く進めることが出来ました。

午後の4時頃に全ての作業が終了し、奥様に弾いていただきました。

「こんなに小さい音になれば、お隣さんからも苦情が来ないでしょうね」ということでしたが、「念の為にピアノの置く位置を部屋の向かい側に移動した方が確実ですかね~」と更なる対策を検討されていました。

ピアノの音は本来とても良い音色で、心安らぐものなのですが、ご近所さんによってはそうは感じてもらえないこともあるので、難しいものです。

そんな中、折り合いを付けて楽しむしかないのでしょうね。

ナイトーンはそんなピアノの防音に困った方の味方として必要とされ、取り付けた方には大変喜んでいただいていますので、困っていらっしゃる方は、お気軽にご相談いただければと思います

グランドピアノが弾ける幸せを☆ナイトーンGPライトS「お客様の声」

京都の一戸建てのお家で小学生のお嬢さんが弾いているピアノです♪

ナイトーンのアップライト版が一般発売されてから10年になりますが、その初期に
アップライトにナイトーンUPライトモデルを製作をして、ずっと練習をされて来た
ということです!

それでコンクールにも出場されるようになって、いよいよグランドピアノを購入されて
練習をしていたところ、半年ほどして隣家から苦情がくるようになってしまったとの
ことです。

アップライトの時には2階でナイトーンで練習していたので大丈夫だったのですが、
グランドは1階に設置されており、通常音での演奏でしたので音量が大き過ぎたという
ことです。
ちなみに、2重窓と防音カーテンを設置されておりましたが、隣家への効果はなかった
ということでした。

そのような訳で、ナイトーンGPライトモデルの設置となりました。

関西方面はナイトーン関西支部となっている「ぴあの屋ドットコム」さんの製作が基本
なのですが、ぴあの屋ドットコムさんは現在、ナイトーン製作技術者以外の技術人員の
不足により出張製作ができないため京都での製作も、お客様の強いご要望により、東京
から直接製作へ行って参りました。

コンクール練習でグランドピアノのタッチをなるべく変えたくないということで、
ライトSモデルで更に音量を下げるためにフェルトを1枚追加したオプション設定の
S1モデルでの製作です。

また、ピアノが設置されているお部屋のソファーが、20年くらい前にオフィス開業当時
にあったソファーと全く同じものでしたので、とても懐かしく感じました♪

ナイトーンを製作完成して最後にテストを兼ねて演奏していると、時々ですが涙を浮かべ
られる方や本当に泣いてしまうお客様がいらっしゃいます。。
きっとピアノに対する思い入れが深かったり、ピアノを弾きたくてもずっと弾けなかった
りして、込み上げてくるものがあるのだと思います。

そんな時には、私も仕事冥利につきて嬉しい反面、お気持ちを受け取り切れなくて、
ついお話をそらしてしまったりいたしますが、心から嬉しい感動的な瞬間です。

製作後に奥様から、とても嬉しいご感想が届きましたので、ご紹介をさせていただきます♪


【京都府 : H.O(奥様)/ヤマハ C3X】

先日は遠い中、ナイトーンの製作に来てくださり本当にありがとうございました。

念願のGPを購入して、喜んで弾いていたのも束の間。防音対策もしていたのに隣家から苦情が
来るようになり、僅かでも聞こえたら、すぐに電話が来てしまうので、全く弾けない状況でした。
悲しんでる娘を見るのが辛く、早く何とかしなければという思いでご相談しました。

鍵盤を全部取り出して採寸し一本一本にフェルトをつけられるという気の遠くなるような作業を
されてても、いつも笑顔で対応してくださり頭が下がる思いでした。
3日間もかけてナイトーンをつけてもらったピアノは音量は半分以下になり、耳に優しく心地よく
響いていて、タッチは重くなく少し軽く感じるくらいです。
通常音とナイトーンの切り替えも操作も簡単でした。

「もう絶対大丈夫ですよ」と言ってくださった通り、あれから苦情がなくなり、毎日練習出来る
ようになりました。
今回のことでグランドピアノが弾ける幸せを改めて知りました。
ピアノを心から愛しておられる田上さんだから親身になって救ってくださったのだと感謝の気持ち
でいっぱいです。
最後に弾いてくださったショパンの「別れの曲」心にしみて泣けてきました。一生忘れません。
本当にありがとうございました。
H.O

にこにこ ナイトーン製作☆ヴォイテック・ブログより♪

静岡・愛知県でナイトーン製作支部となっている「VOITECH ヴォイテック」さんですが、

独自のブログを展開していて、ナイトーンに関する記事がとても良い内容ですので、

ナイトーン東京本部のブログの方へも、順次転載してご紹介をさせていただきます♪

 

静岡・愛知方面のお客様でしたら、「VOITECH ヴォイテック」さんの方へ

ご連絡いただければと思います☆

 

VOITECH ヴォイテック:0120-13-86-39 http://www.voitech.co.jp

 

ナイトーンライトモデルの製作にお伺いしました。

実家のお母さんがお孫さんの為にピアノを購入して送って下さったそうです。

ピアノはカワイのK-55AEというモデルでした。

先ずはピアノの状態を確認して、ナイトーンの製作には重要な弦とハンマーの当たりを見ます。ハンマーが綺麗に均等に並ぶ様に、ハンマーが左右に走っていたら糊紙を貼って、ハンマーの向きが横を向いていたら、ハンマーシャンクにコテを当てて修正しました。

この作業を疎かにすると、ナイトーンが正しく機能しないので、しっかりと調整をします。

その後、ナイトーンの製作に取り掛かります。

ライトモデルの製作でしたので、3時間程で順調に作業は進み、完了する事が出来ました。

作業終了後、奥様に弾いていただくと、「軽やかに弾けて、音もこんなに小さくなるなら、安心して弾けますね」と喜んでいただきました。

ナイトーンはどのブランドのピアノやサイズでも製作出来ますので、製作する側も安心です。

夜も本来の音を響かせながら☆ナイトーンUPプロ「お客様の声」

都内のマンションで、お一人暮らしの女性の方が弾いているピアノです♪

ご実家を離れられてから電子ピアノで練習をされていたとのことですが、やはり本物のピアノが
弾きたいということで、ご実家のピアノを運んでこられたとのことです。

ですがマンションで弾くには音が大きすぎて、お仕事から帰ってからは弾くことができないと
いうことで、ナイトーンのお申込みとなりました。

年代物のピアノでしたが材質と造りが良く、とても良い響きで鳴っていました♫

ナイトーンの音色はアコースティックで、そのピアノの持ち味が失われませんので、
ナイトーンでの響きもとても心地の良いものでした! 

製作後に、とっても嬉しいご感想が届きましたので、ご紹介をさせていただきます♪

 

【東京都豊島区 : R.I 様/ヤマハ NO.U3 】

子供の頃からピアノを習っていたものの、実家を出てからは本物のピアノを弾く機会も減り、

時おり電子ピアノに触れる程度となっていました。 

今回引っ越しを機に、祖父母の家に置いてあった母が昔使用していたピアノを修理し、
新居に運び入れました。久しぶりに触れた本物のピアノは、音の広がり、鍵盤の返りなどが
電子ピアノとは全く違い、
何時間でも鍵盤に触れていたいという気持ちが甦ってきました。

しかし、マンション暮らし、かつ平日の日中は仕事をしている私がピアノに触れられる時間は、
休日の昼間という限られた時間しかありません。

夜、新居に鎮座しているピアノを眺めるたびに、夜中にピアノを弾けない歯がゆさが募って
いきました。

当初、この問題を解決するために、消音ピアノユニットの取り付けを検討していたのですが、
せっかくの生のピアノの音色が殺されてしまうのがどうしても嫌で、最終的にナイトーンの
設置をお願いすることとなりました。 

設置当日、約一日がかりでナイトーンを取り付けてくださいました。
(我が家のピアノは年代が古く、最近のピアノとは若干仕様が異なっていたものの、そちらも
ご対応くださいました) 

設置してくださった日の夜、ご提案くださった通り、照明を少し落としてピアノを弾いてみると、
低音から高音まで繊細な音が広がり、また、アップライトピアノに本来付いている弱音機能と違い、
タッチの時のモコモコ感が感じられないことに大きな感動を覚えました。 

最近は、寝る前にショパンのノクターンやベートーヴェンの悲愴の第二楽章、シューマンの
トロイメライなど、ナイトーンの音色にピッタリな心が安らぐ曲を楽しみつつ、指がなまって
しまって弾けなくなってしまった曲を練習したりしています。
そして、週末の昼間には、その成果を試すように、贅沢に響く音色を満喫しています。 

もともと思い入れが強かったこのピアノが、夜も本来の音を響かせながら演奏を楽しめる
ようになったことに、心から満足しています。これからも、適切なメンテナンスをしながら、
大切に使い続けていきたいと思います。

R.I

ヤマハ UX10A ナイトーンプロ付き☆ヴォイテック・ブログより♪

静岡・愛知県でナイトーン製作支部となっている「VOITECH ヴォイテック」さんですが、

独自のブログを展開していて、ナイトーンに関する記事がとても良い内容ですので、

ナイトーン東京本部のブログの方へも、順次転載してご紹介をさせていただきます♪

 

静岡・愛知方面のお客様でしたら、「VOITECH ヴォイテック」さんの方へ

ご連絡いただければと思います☆

 

VOITECH ヴォイテック:0120-13-86-39 http://www.voitech.co.jp

 

納品調律にお伺いしました。

こちらはヤマハのUX10Aとうモデルで、人気のXシリーズの最終形態のX支柱を持つピアノです。そのピアノにナイトーンプロフェッショナルモデルを取付けしました。

ショールームには奥様とお母様とのお二人でお越し下さいました。奥様の実家にはヤマハのピアノがあったそうなのですが、何年か前に処分をしてしまったそうです。

お子さんが生まれてから、ピアノのレッスンをすることになり、また購入を考えてのご来店でした。その為奥様はピアノが弾けるので、とにかく色々なピアノを触れて、弾いてもらい違いを感じていただきました。

背の高いピアノは候補から除外していましたので、1型のみで弾き比べをしていると、こちらのヤマハUX10Aを一発で気に入って下さいました。

ただ、この日はご主人様がいらっしゃらなかったので、一旦話を持ち帰り、ご主人様と相談してまた来ますとのことでした。

すると、その翌週には早速再来店下さいました。この日はお子さんも一緒にご来店下さって、一緒にピアノを弾いてみて「やっぱりこれがいいね」という事でヤマハUX10Aにピアノは決まりました。

あと、近隣への音の配慮や夜でも気兼ねなく弾けるようにと、ナイトーンもご希望されましたので、ライトモデルとプロフェッショナルモデルの違いをご説明すると、「せっかく取付けるなら、タッチの変わらないプロフェッショナルモデルがいいな」ということで、ナイトーンプロフェッショナルモデルを取り付けてのご購入となりました。

納品調律にお伺いすると、奥様とお子さんがいらっしゃいましたので、一緒に調律を見て頂き、内部の説明やナイトーンの説明も聞いていただきました。

お子さんはまだ小さいですがお母さんと一緒に、これから本物のピアノで思う存分弾いてくれることでしょう!

夜、時間を忘れてしまいます☆ナイトーンGPライトS「お客様の声」

町田市の一戸建てのお家で、防音室内で奥様が弾いているピアノです♪

奥様は音大を出られてからは子育てなどで、ずっとピアノから離れていたとのことですが、
やはりピアノを弾くことを諦められずに、長年ご愛用のピアノもオーバーホールされて、
防音室まで設置されたのですが、それでもお家の外に音がもれるということで、
閑静な住宅街では気を使ってしまい、ピアノが弾きたくても弾けないという状況が
ずっと続いていたということです。

見かねたご主人がナイトーンのことを調べてくださり、これしかないということで、
お申込みをしてくださいました。

ピアノは年代物のG3でしたが、とても丁寧に修復されており、新品のピアノよりも
立派な風格で、本当に良い音色を出していました♫

せっかくのグランドピアノのタッチを変えたくないということで、ライトSモデルでの製作です。

製作後にご主人と奥様から、嬉しいご感想が届きましたので、ご紹介をさせていただきます♪

【東京都町田市 :H.O 様(ご主人),H.O(奥様)/ヤマハ G3】

先日は2日続きでナイトーンの製作~取付・調整、ありがとうございました。
私も出張から戻り、ナイトーンの音を聴いてみましたが、音は小さくなって当防音室外で殆ど聞こえなくなり、
音色は澄んだ、やわらかい響きで、とても心地良い感じがしました。これだと真夜中でも弾けると思いました。
ナイトーンを付けて良かったです。

H.O(ご主人)

先日は二日続きのナイトーンの製作、ありがとうございました。
毎日、嬉しくてわくわくしています。
周りに配慮して弾けなかったピアノが自由に弾けます。夜、弾いていると、時間を忘れてしまいます。
ナイトーンの音色は、繊細で美しく、きれいです。私はとても好きになりました。
室内でのピアノの音の響きは、耳にもやさしいです。
本当にありがとうございました。
これから、素晴らしいナイトーンがもっともっと広まりますように・・・。
お元気で更なるご活躍を、お祈り申し上げます。
これからも、宜しくお願い致します。

H.O(奥様)

ピアノ防音 ヤマハ C2にナイトーンGP Nモデル取付け☆ヴォイテック・ブログより♪

静岡・愛知県でナイトーン製作支部となっている「VOITECH ヴォイテック」さんですが、

独自のブログを展開していて、ナイトーンに関する記事がとても良い内容ですので、

ナイトーン東京本部のブログの方へも、順次転載してご紹介をさせていただきます♪

 

静岡・愛知方面のお客様でしたら、「VOITECH ヴォイテック」さんの方へ

ご連絡いただければと思います☆

 

VOITECH ヴォイテック:0120-13-86-39 http://www.voitech.co.jp

 

ヤマハのグランドピアノC2にナイトーンGPライトNモデルの製作にお伺いさせていただきました。

ショールームには奥様とお嬢様のお二人でお越し下さいました。お話を聞くと、高校2年生になるお嬢さんが本気でピアノで音大を目指すこととなり、アップライトピアノからグランドピアノにグレードアップするということで、ご相談を受けました。

色々なお店や先生に3型のグランドピアノを薦められたそうなのですが、お嬢さんのお部屋の広さからして3型は大きいのではないかということで、2型を弾いてもらいました。すると、2型でも弾きやすさ等は問題無く、2型でもいいかなというお話になりました。

それと、マンションにお住まいということで、今現在使用しているアップライトピアノにも消音装置が付いているので、グランドピアノにも消音装置等の対策をしたいということでした。

それではと、グランドピアノのナイトーンを弾いてもらいました。するとお嬢さんは「消音よりナイトーンの方がいい!」とすぐに気に入って下さいました。

さらにお話を聞かせていただくと、習っている先生とのお付き合いや色々で、ピアノ自体はそちらで購入して、ナイトーンの取付けだけでも依頼することが出来るか?ということでしたので、ナイトーンの取付けだけでも対応可能だとお伝えすると、「それはいい」と喜んで下さいました。

そんなこんなで、話はトントン拍子に進み、グランドピアノが納入されてから、ナイトーンの製作にお伺いしました。

ナイトーンGPの製作は順調に進み、予定通りの時間で製作する事が出来ました。

今回はナイトーンGPライト モデルNでの製作でしたので、ナイトーンに切り替えた時の出てくる音は、通常音の十分の一近くまで小さくなるので、マンションでのピアノ演奏が夜でも可能になります。

高校生にもなると、夜遅くピアノの練習をしたいということでしたので、ナイトーンに切り替えて気兼ねなく練習する事が可能となりました。

製作後、お嬢さんが帰っていらしたので弾いてもらい、どれくらいの音が響くかを奥様に確かめてもらいました。

「玄関の扉の外に出ると、ほとんど聞こえない」ということでしたので、まず大丈夫だという感想をいただきました。

これからは、お嬢さんの夢に向かってグランドピアノで一生懸命練習してくれることでしょう!

ペトロフとナイトーンと岡本太郎☆ナイトーンUP「製作記録:ペトロフ P118 C1」

千葉県市川市のマンションにお住いの小学生のお嬢さんと奥様が弾いているピアノです♪

 

ナイトーン・ショールームのある高輪からご近所のペトロフ専門店のピアノプレップさん
からのご依頼で、製作へ行って参りました。

ペトロフの綺麗な木目と上質な音色に惹かれて、奥様が気に入って決められたということです☆

せっかくのペトロフの音色にピアノに電子サイレントは取り付けたくないということと、
大切なピアノにネジ穴を開けたくないということでナイトーンのお申込みとなられました。

 

ペトロフの横の飾り棚には、岡本太郎氏のオブジェが沢山展示されておりました!
とても意外でしたが、奥様のご趣味ということです☆

 

ペトロフとナイトーンと岡本太郎氏との組み合わせは異文化交流のような感じで、とても不思議な感覚でした♪

ペトロフとナイトーンの音色の相性は抜群ですので、ぜひピアノプレップさんへ行ってみてください♪

ピアノプレップ http://www.pianoprep.jp

 

PAGE TOP